ホーム > イベントカレンダー > 国分郷土館特別展示解説

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

国分郷土館特別展示解説

隼人城は8世紀隼人の乱で大和朝廷と戦った隼人が最後まで立て籠もった2つの城のうちのひとつ(曽於之石城)といわれ、また島津家16代当主島津義久晩年の居城舞鶴城の詰城でもありました。
この隼人城をはじめ霧島市内には姫木城、橘木城など古代~中世の戦いの舞台となった城が数多く存在します。
私たちが普段何気なく目にしている近くの山々。500年前そこに城があり、そこで戦い生きた人々がいたのです。
霧島市内の主な城とそれに関係の深い人々や史跡を紹介することでふるさとの歴史をもっと身近に感じ理解を深めるきっかけをつくる特別展です。
3月27日は、専門員が分かりやすく解説します。

開催日時

  • 2016年3月27日(日曜日)10時00分~2016年3月27日(日曜日)12時00分

開催場所

名称

国分郷土館

住所

霧島市国分上小川3819

電話番号

0995-46-1562

ホームページ

国分郷土館

対象

小中高校生

募集人数

定員20人

費用

無料(入館料が70円必要)

申込方法

申し込み不要

主催者

霧島市教育委員会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部社会教育課文化財グループ

〒899-4394鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号

電話番号:0995-64-0708

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?