ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 有効期限切れの小児用新型コロナウイルスワクチン誤接種について

ここから本文です。

更新日:2022年12月9日

有効期限切れの小児用新型コロナウイルスワクチン誤接種について

誤接種の概要

市内医療機関1箇所において、医療機関の確認不足により、有効期限が令和4年11月30日の小児用新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)を誤って10人に対して接種した事案が発生しました。なお、現時点で健康被害についての報告は受けていません。

 

  • 発覚日:令和4年12月7日(水曜日)
  • 接種日・接種人数:12月3日(土曜日)7人、12月6日(火曜日)3人

接種した方への対応

発覚後直ちに、当該医療機関から接種を受けた子どもの保護者に電話で誤接種についての説明を行い、お詫びをするとともに健康状態の確認をしました。

また、市の対応としては、当該医療機関へ被接種者の健康状態等を継続的に観察することを指示し、8日に被接種者の保護者等に直接電話連絡して、特に大きな体調不良等がないことを確認しましたが、今後、体調に不具合が見られた場合は、早急に接種医療機関もしくは市に連絡するようお願いしました。

再発防止対策

すべての実施医療機関に対し注意喚起を改めて通知するなど、ワクチンの有効期限の確認及び適正管理の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。

お問い合わせ

保健福祉部新型コロナウイルスワクチン接種対策課

鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号

電話番号:0995-64-0810

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?