ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長の活動報告 > 過去の市長活動報告 > 市長の活動報告(平成27年度) > 市長の活動報告(平成27年12月分)

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

市長の活動報告(平成27年12月分)

市長の活動報告を逐次掲載します。

市長の活動報告(平成27年12月分)

12月29日(火曜日)年末特別警戒巡視

消防団の年末特別警戒が実施されましたので、私をはじめ副市長、部長、総合支所長で分担しながら、市内76箇所の分団や部の年末特別警戒の拠点である消防団詰所を巡視し団員の皆さまを激励いたしました。私は、牧園地区を巡視し市民の皆さまに防火意識の啓発を徹底していただくようお願いいたしました。

12月28日(月曜日)仕事納め式

平成27年の仕事納め式を職員や市議会議員をはじめ各種行政委員の皆さまの出席をいただき開催いたしました。今年を振り返り、来年に向けての抱負を述べ、ご理解とご協力をいただきました皆さまに感謝を申し上げました。皆さまにとりまして、すばらしい新年になりますことを心からご祈念申し上げます。

平成27年仕事納め式の画像

12月26日(土曜日)第16回陵南カッピイバレーボール大会

陵南バレーボールスポーツ少年団の主催により、今年で16回目を迎えるバレーボール大会が牧園・横川・溝辺の体育館で開催され、参加した41チームにより熱戦が繰り広げられました。開会式に地元市長としての歓迎と激励のあいさつにまいりました。

第16回陵南カッピイバレーボール大会の画像

12月25日(金曜日)市議会最終本会議

11月27日に開会しました霧島市議会第4回定例会の最終本会議があり、議案・陳情等について、それぞれ審議されました。今議会でも市民の皆さまの声を反映された多くのご提言をいただきました。職員一丸となって対応してまいります。

12月24日(木曜日)鳥インフルエンザ情報共有会議

県が12月21日、出水市の東干拓地で回収された死んだナベヅル1羽の遺伝子検査を行い、A型インフルエンザウィルスの陽性反応が確認され、毒性の強い高病原性かどうかを調べるため、鹿児島大学で確定検査を実施中であると発表したことを受けて、市では22日に市内すべての養鶏農場へ防疫の強化をお願いする文書をファクスで送信しました。今後、高病原性ということが判明した場合、直ちに霧島市家畜伝染病対策本部を設置することになることから、現在の状況や今後の取り組みなどの情報を共有するため情報共有会議を開催いたしました。今後とも関係機関と連携を図り万全の体制で対策を講じてまいります。12月24日鳥インフルエンザ情報共有会議の画像

12月24日(木曜日)京セラグループ歳末たすけあい募金寄付

京セラ国分工場、同隼人工場及びホテル京セラの皆さまが共同募金等を社会福祉協議会へ例年どおり寄附いただきましたので、日本赤十字社の市区長の立場から感謝の言葉を申し上げました。昭和47年から寄附いただきました募金総額は、1億5千4百万円を超え、福祉の向上に大きく貢献いただいておりますことに改めて深く感謝申し上げまました。

平成27年京セラグループ歳末たすけあい募金寄付の画像

12月23日(水曜日)ふるさと会役員会でおじゃんせ霧島大使の任命

霧霧島市の出身者の皆さまを中心に組織されている「首都圏霧島市ふるさと会」の定例役員会が都内で開催され、ふるさと納税をはじめ霧島市の宣伝隊としてご活躍いただいていることに感謝を申し上げ、さらなるご協力へのお願いをいたしました。
また、霧島市に在住されていた経験をお持ちで現在東京を中心に芸能活動をされ、今年9月6日に霧島市で開催された舞台「霧島の花嫁」を企画された西田聖志郎さんと出演者の重田千穂子さんを第8代、第9代目のおじゃんせ霧島大使として任命させていただき、ふるさと会の皆さまと一緒になってPRをしていただくようお願いを申し上げました。

ふるさと会役員会でおじゃんせ霧島大使の任命の画像(西田聖志郎さん)

ふるさと会役員会でおじゃんせ霧島大使の任命の画像(重田千穂子さん)

12月22日(火曜日)関平鉱泉新築現場視察と激励

施設の老朽化に伴い、市営の飲料水事業である関平鉱泉の工場施設を建築中であることから、現場の視察を兼ねて、請負業者の皆さまにお集まりいただき、工事の安全の徹底をお願いいたしました。工場は、来春に完成後、現在稼働中の工場を取り壊し特産品販売所等の新築に入ることから、しばらくは国道223号沿いの乗馬クラブ隣接地の仮設店舗でお買い求めください。

関平鉱泉新築現場視察と激励の画像

12月21日(月曜日)第1回中小零細企業振興会議

霧島市では中小零細企業振興条例を制定し、中小零細企業振興に関する基本理念を定めており、関係者の役割や市の基本方針、施策の評価・検討するために「第1回中小零細企業振興会議」を開催いたしました。市内の事業者、経済団体、金融機関、その他の関係団体にお集まりいただき、条例制定の経緯と会議のあり方、霧島市の現状等について説明させていただき、委員の皆さまからご意見をいただきました。第1回中小零細企業振興会議の画像

12月20日(日曜日)霧島市長旗ソフトテニス大会

霧島市ソフトテニス連盟の主催により、国分総合運動公園庭球場をメイン会場に霧島市長旗ソフトテニス大会が開催されました。県内各地から参加されました33チーム約200人の選手の皆さまに歓迎を申し上げるとともに、主催者をはじめ、関係者の皆さま努力で長年開催されていますことに感謝を申し上げました。

霧島市長旗ソフトテニス大会の画像

12月19日(土曜日)ふっぎゃまぼっけもん会年末研修会

福山町の地域づくり団体「ふっぎゃまぼっけもん会」の年末研修会が同地区で開催され、かねてから地域住民や行政と協働して惣陣ヶ丘の花文字の維持管理や福山地区の地場産業の振興、まちづくり団体等との交流促進、地域の安心安全に関する事業など行っていただいることに感謝を申し上げ、さらなる地域活性化に向けて、皆さんと親しく楽しく懇談させていただきました。

12月18日(金曜日)北朝鮮人権侵害問題啓発週間に伴う募金贈呈及び署名簿の引き渡し

12月10日から16日までの北朝鮮人権侵害問題啓発週間にあわせて同問題についての関心と認識をさらに深めるために、市役所のロビーで来庁者の方々に募金と署名活動をいたしておりましたので引き渡し式を行いました。拉致被害者市川修一さんの兄の健一さんや本市在住で特定失踪者田中正道さんの妹の村岡育世さんらに一刻も早い問題解決を願いながら818人の署名と10万4千円の募金をお渡しいたしました。北朝鮮人権侵害問題啓発週間に伴う募金贈呈及び署名簿の引き渡しの画像

12月18日(金曜日)市社会福祉協議会合併10周年記念式典

霧島市社会福祉協議会合併10周年記念式典が市総合福祉センターで開催されました。各種の福祉事業の受託等のご協力や、高齢者や障がい者のための福祉サービスやボランティア活動の支援など、多岐に渡る自主的な活動を行いながら、霧島市の福祉行政の一翼を担ってきていただいていることに、改めまして敬意と感謝を申し上げ、さらなる発展を期待申し上げました。

12月17日(木曜日)中山間地域の活性化に関する協力協定

霧島市誕生以来、中山間地域における人口減少問題を重要な課題の一つとして捉え、中山間地域活性化のための移住定住を促進してきています。この度、隼人町松永地区から牧園町下中津川地区に向かう高台に位置する「ロイヤルシティ霧島妙見台」の分譲地を保有し、販売促進している大和ハウス工業株式会社と中山間地域の活性化を図ることを目的に、協力協定を行うため協定書を取り交わしました。1区画約100坪の温泉付き土地を195万円という破格値に加えて、市の移住定住補助金100万円を活用すれば1区画95万円という魅力ある移住定住策にしっかりと連携をはかりながら対応してまいります。中山間地域の活性化に関する協力協定の画像

12月16日(水曜日)飛松FCの子どもたちが全国大会出場の意気込みを語る

11月に鹿児島市で開催された第39回全日本少年サッカー大会鹿児島県大会で、霧島市のサッカー少年クラブチームの飛松FCが優勝し、12月25日から鹿児島市で開催される全国大会へ県代表として出場することから、県大会の優秀報告と全国大会への意気込みを話に来てくれました。全国の強豪チームにひるむことなく、地元開催の全国大会で優勝を勝ち取ってほしいと激励いたしました。飛松FC全国大会出場報告の画像

12月16日(水曜日)寄付により高規格救急自動車を購入

株式会社平和リース様から霧島市に寄附をいただき、高規格救急自動車を購入いたしましたので、感謝状の贈呈及びお披露目式を行いました。高規格救急自動車とは、救急救命士が高度な救命処置を行うための資機材が積載されており、救急患者の収容スペースが拡大され、走行時に振動を与えないように緩衝装置のついた防振架台等を装備しています。
平和リース株式会社代表取締役の松田真義様をはじめ関係者の皆さまに衷心より感謝を申し上げ、市民の命を守るために大切に活用させていたたくことをお約束いたしました。寄付により高規格救急自動車を購入の画像

12月15日(火曜日)小学校での市長講話

市長と教育委員会が教育行政全般について協議や調整をするために、本年度から総合教育会議を開催しておりますが、4月に開催した第1回総合教育会議において委員から市長が教育行政に関わることのひとつとして市内の小学生に講話をしていただきたいとの提案があり、霧島小学校と国分西小学校で子どもたちや保護者の方にお話をさせていただきました。将来、自分のなりたいものを早く見つけて、その夢の実現に向けて失敗をも糧にして前向きに努力するよう自らの経験を織り交ぜながらお話させていただきました。

小学校での市長講話の画像

12月14日(月曜日)安倍総理の講話

内外情勢調査会の12月全国懇談会が都内のホテルで開催され、講師に安倍晋三内閣総理大臣の講話があり日帰り出張で拝聴させていただきました。
地方創生をはじめとする喫緊の課題に対して、内容の濃いお話をお聴きいたしました。今後の市政運営に生かしてまいります。

12月13日(日曜日)第12回霧島・食の文化祭

第12回霧島・食の文化祭がNPO法人霧島食育研究会の主催により、霧島保健福祉センターで開催されました。会場では子や孫に伝えていきたい家庭料理大集合や霧島の郷土食人気ランキング、地鶏の捌き方教室など、実に多彩な催しを県内外から多くのボランティアスタッフとお客様で熱気にあふれていました。実にすばらしい多い取り組みに関係者の皆さまにねぎらいと感謝を申し上げました。第12回霧島・食の文化祭の画像1

第12回霧島・食の文化祭の画像2

12月12日(土曜日)災害対策本部会議

国分清水で発生した高濃度一酸化炭素検出の件で調査分析を依頼していた県環境技術協会の坂元理事長にお越しいただき災害対策本部会議を開催いたしました。土壌などの解析により安全性が確保される見込みとなったことから、避難勧告を解除する方向とし、避難所の清水公民館で住民説明会を開催し、午後4時7分に避難勧告区域の一部を縮小し、午後6時にはすべての避難勧告を解除いたしました。12月12日災害対策本部会議の画像

12月7日(月曜日)・9日(水曜日)~11日(金曜日)霧島市議会定例会本会議一般質問

7日と9日から11日までの4日間で18人の市議会議員の皆さまの一般質問をいただきました。通告されました質問事項としては、区画整理事業、地方創生に関係する周辺地域活性化対策、TPPへの対応、医師会医療センターの医師確保など市民の皆さまの声を反映された重要なご質問をいただきました。誠心誠意、一つ一つのご質問に執行部一丸となって対応いたしました。

12月8日(火曜日)高濃度一酸化炭素検出現地調査

国分清水で発生した高濃度一酸化炭素検出の件について専門家の指導をいただくために鹿児島大学名誉教授で鹿児島県環境技術協会の坂元理事長に現地調査をお願いしました。消防局から一酸化炭素濃度の現状を含め説明をし、先生から指示のあった箇所の土壌を分析していただくためにお渡しいたしました。一刻も早い解析とご指導をいただくようお願いいたしました。

高濃度一酸化炭素検出現地調査の画像

12月8日(火曜日)大相撲冬巡業霧島場所

市制施行10周年を記念して、おじゃんせ霧島大使の横綱白鵬関が霧島場所を開催されたいとの意向を受け、霧島商工会議所や霧島市商工会など市内の経済団体や市体育協会などに主催していただき大相撲冬巡業霧島場所が開催されました。霧島市になり初めての大相撲に会場に詰めかけた多くの相撲ファンを魅了しました。また、横綱白鵬関の支援により心臓病の難病から救われた陵南小学校3年生の水流添日向君が土俵上で横綱にお礼のメッセージを読み上げる場面もあり観客から大きな拍手が寄せられました。

大相撲冬巡業霧島場所の画像1

大相撲冬巡業霧島場所の画像2

12月7日(月曜日)災害対策本部会議

国分清水で発生した高濃度一酸化炭素検出の件で災害対策本部を開催しました。会議では、これまでの経過や今後の対応について協議し、避難勧告による避難者への支援体制や専門家による調査などについて指示いたしました。市民の安心安全対策に万全を期してまいります。

12月7日災害対策本部会議の画像

12月6日(日曜日)平成27年度市薩摩義士顕彰会研修会

霧島市薩摩義士顕彰会の主催で研修会が開催されました。姉妹都市である海津市とは治水神社で開催される春と秋の慰霊祭には、毎年多くの市民の皆さまにも参加をいただいており、ホームステイによる青少年の姉妹都市交流も実施しています。平成20年度から海津市との市職員の人事交流も行っています。研修会では、そのような姉妹都市交流や職員人事交流の体験発表などや、さつまの会の中島康博氏による「薩摩義士さんありがとう」という演題で講話もいただきました。

平成27年度市薩摩義士顕彰会研修会の画像

12月5日(土曜日)岐阜県羽島市藤植樹式

薩摩義士宝暦治水完工260周年の記念の年である本年5月、羽島市の竹鼻別院に咲く岐阜県天然記念物である推定樹齢260年以上の「竹鼻別院の藤」に玄孫が誕生したことを縁として幼木を寄贈され国分の城山公園に植樹いたしました。今回は、そのお返しとして、本市の和気公園にある藤の幼木を羽島市へ寄贈し、羽島市運動公園にて植樹祭を開催されることとなり出席させていただきました。羽島市長をはじめ関係者の皆さまにお礼を申しあげ、両市のさらなる友好が深まることに期待を申し上げました。

岐阜県羽島市藤植樹式の画像

12月4日(金曜日)現地調査

かねてから市議会や市民の皆さまから要望をいただいている箇所や、主要事業の進ちょく状況を確認するために現地調査を行いました。担当者から説明を受け、予算等も勘案しながらスピード感を持って対応するよう指示いたしました。

12月3日(木曜日)市制施行10周年記念フレーム切手贈呈式

日本郵便株式会社九州支社が霧島市市制施行10周年を題材にオリジナルフレーム切手の販売を開始されたことから贈呈に来られました。記念切手は、1枚のシートにシール式の82円切手が10枚ついており、霧島山など本市の名所がデザインされており市内の郵便局にて1,230円で販売中です。関係者の皆さまに感謝を申し上げました。

市制施行10周年記念フレーム切手贈呈式の画像

12月2日(水曜日)霧島市議会定例会

市議会本会議が開催され、霧島市教育委員会委員の任命と霧島市公平委員会委員の選任についての追加議案を提案させていただきました。また、議長と副議長の選挙が行われ、第5代議長には池田守議員が、第6代副議長には中村正人議員がそれぞれ就任されました。

12月1日(火曜日)中国企業投資誘客促進セミナー

鹿児島県と鹿児島商工会議所の共催により「中国企業投資誘客促進セミナー」が鹿児島市内のホテルで開催されました。北京の清華大学元学長をはじめとするIT、エネルギー、金融などの関連企業の皆さまに霧島市の商工観光業や農林水産業など多くの魅力をPRさせていただきました。

中国企業投資誘客促進セミナーの画像

お問い合わせ

総務部秘書広報課市政推進・秘書グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?