ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長の活動報告 > 過去の市長活動報告 > 市長の活動報告(平成28年度) > 市長の活動報告(平成28年12月分)

ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

市長の活動報告(平成28年12月分)

市長の活動報告を逐次掲載します。

12月29日(木曜日)年末特別警戒巡視

消防団の年末特別警戒が実施されましたので、私をはじめ副市長、部長、総合支所長等で分担しながら、市内76箇所の分団や部の年末特別警戒の拠点である消防団詰所を巡視し団員の皆さまを激励いたしました。私は、溝辺地区を巡視し市民の皆さまに防火意識の啓発を徹底していただくようお願いいたしました。

12月28日(水曜日)仕事納め式

平成28年の仕事納め式を職員や市議会議員をはじめ各種行政委員の皆さまの出席をいただき開催いたしました。今年を振り返り、来年に向けて抱負を述べました。市政推進にあたり、課題はありつつも多くの成果を生み出していることに感謝を申し上げ、新たなる挑戦に向け飛躍の年になるよう新年に向けてさらに英知を結集して邁進してまいるよう期待を申し上げました。

仕事納め式

12月27日(火曜日)伊佐北姶良一部事務組合議会

本市の牧園・横川地区のごみ処理などを行う伊佐北姶良環境管理組合と火葬場の管理を行う伊佐北姶良火葬場管理組合の議会があり議員として出席いたしました。補正予算や監査委員の人選などについて議案が上程され、審議ののち可決いたしました。

12月26日(月曜日)企業立地協定(52件目)

霧島市として52件目となる企業立地協定を、マイクロカット株式会社と締結させていただきました。マイクロカット株式会社は、平成15年に光通信用金属精密部品や通信機器部品を製造する会社として上野原テクノパークに設立されました。今回、第6工場を増設されることとなりました。平成30年8月の操業予定で、50人の新規雇用が見込まれます。雇用創出や地域経済の発展に大きく寄与いただくことに感謝を申し上げました。

企業立地協定(52件目)

12月26日(月曜日)京セラグループ歳末たすけあい募金寄付

京セラ国分工場、同隼人工場及びホテル京セラの皆さまが共同募金等を社会福祉協議会へ402万8,207円を寄附いただきましたので、日本赤十字社の市区長の立場から感謝の言葉を申し上げました。昭和47年から寄附いただきました募金総額は、1億5千8百万円を超え、福祉の向上に大きく貢献いただいておりますことに改めて深く感謝申し上げまました。

京セラグループ歳末たすけあい募金寄付

12月25日(日曜日)きりしま舞鶴スポーツクラブストリートダンス発表会

NPO法人きりしま舞鶴スポーツクラブの主催により、霧島市民会館において「ストリートダンス発表会」が盛大に開催されました。同クラブが市内各地で開催しているストリートダンス教室でダンスを学んでいる児童・生徒の皆さんが参加し、元気いっぱいのダンスを披露してくれました。

12月24日(土曜日)立川市大山自治会視察・取材

東京都立川市の大山自治会が人口約4,500人の規模の団地でありながら、自治会加入率が100%で、安心・安全なまちづくりや極め細やかな市民サービスを行政に頼らずに見事に実現されていることから、広報きりしま2月号の特集記事の取材も兼ねて、佐藤前会長にお会いしお話をお聴きしました。霧島市では年々、自治会加入率が低下して来ていることから加入促進に向けてたくさんのヒントをいただきました。

立川市大山自治会視察・取材

12月23日(金曜日)霧島市応援店締結式

霧島市の出身者の皆さまを中心に組織されている「首都圏霧島市ふるさと会」の役員会総会が都内で開催されましたので、市政報告をさせていただくとともに、ふるさと納税など郷土への支援をお願い申し上げました。また、霧島市が進めるシティプロモーション活動の一環として霧島市の魅力を情報発信していただくために店舗等でのPR活動や特産品などの消費拡大をお願いする「霧島市応援店」の締結式を首都圏霧島市ふるさと会の会長で、都内で居酒屋おいどんグループを展開されている、オールミッキージャパン株式会社の原口悟郎社長と締結させていただきました。

霧島市応援店締結式

12月22日(木曜日)市議会最終本会議

11月28日に開会しました霧島市議会第4回定例会の最終本会議が開会され、議案・陳情等について、それぞれ審議いただき議決いただきました。今議会でも市民の皆さまの声を反映された多くのご提言をいただきました。職員一丸となって対応してまいります。

12月21日(水曜日)国立公園満喫プロジェクト第3回霧島錦江湾地域協議会

国立公園を世界レベルのナショナルパークとして魅力化し外国人観光客の誘致をさらに図かろうと、全国8箇所の国立公園を環境省が「国立公園満喫プロジェクト」として地域指定たことから、地域ごとの計画を策定するために3回目となる霧島錦江湾地域協議会が鹿児島市で開催されました。2020年の外国人利用者を現在の約3倍となる20万人に増やそうとする「ステップアップブログラム2020」の策定やビューポイントの整備計画について協議いたしました。

12月20日(火曜日)北朝鮮人権侵害問題啓発週間に伴う募金贈呈及び署名簿の引き渡し

12月10日から16日までの北朝鮮人権侵害問題啓発週間にあわせて同問題についての関心と認識をさらに深めるために、市役所のロビーで来庁者の方々に募金と署名活動をいたしておりましたので引き渡し式を行いました。拉致被害者市川修一さんの兄の健一さんや本市在住で特定失踪者田中正道さんの妹の村岡育世さんらに一刻も早い問題解決を願いながら788人の署名と9万7千円の募金をお渡しいたしました。

北朝鮮人権侵害問題啓発週間に伴う募金贈呈及び署名簿の引き渡し

12月19日(月曜日)農林水産大臣賞有村幸二さんが受賞報告

12月10日に三重県鈴鹿市で開催された第70回全国お茶まつり三重大会において、溝辺町で茶業を営む有村幸二さんが、普通煎茶10kgの部において1等1席を獲得され、見事、農林水産大臣賞を受賞されました。有村さんは、平成23年に本市で開催された第65回全国お茶まつり鹿児島大会に続く2回目の受賞で、屋号の有村(幸)製茶としては、お父様の幸男さんが平成11年に同賞を受賞され通算3度目の受賞となりました。長年の苦労に対してのねぎらいと、受賞への賛辞を送り、今後ますますのご活躍に期待を込めて激励をさせていただきました。

農林水産大臣賞有村幸二さんが受賞報告

12月17日(土曜日)~18日(日曜日)名誉市民小里貞利氏にお別れ

霧島市霧島の出身で名誉市民の小里貞利氏が14日、肝不全で亡くなれました。86歳でした。小里家・自由民主党・小里泰弘後援会の3者合同葬が市内の葬儀場で17日に通夜式、18日に告別式が執り行われましたので参列し弔辞を述べました。小里氏は、昭和24年に新制加治木高校を卒業後、戦後の荒涼とした地域の復興のために青年団活動に尽力され、昭和29年と30年に鹿児島県青年団協議会会長として活躍されました。その活躍ぶりに影響された兄の教えが、私が政治家を目指す契機となりました。青年団の仲間の支えで、昭和34年に28歳の若さで県議会議員に初当選以来、昭和54年までの6期連続20年間務められ、全国都道府県議長会会長も歴任されました。鹿児島空港の溝辺への誘致も小里氏の功績のひとつです。その後、衆議院議員として9期連続、26年の長きにわたり国政を担われ、その間、労働大臣、北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官、阪神・淡路大震災対策担当大臣、総務庁長官などの要職も務められました。これら、国政のあらゆる難局に見事に応え、東京一極集中に異をとなえられ、整備新幹線建設に心血を注ぎ、「ミスター新幹線」の異名は全国に知られました。これらの国政と地方自治に一生を捧げられた功績が高く評価され、平成13年に勲一等旭日大綬章が授与されました。小里貞利氏の業績を継いで、ふるさと霧島市の発展にさらに努力することを御霊にお誓いしながら、哀悼の誠を捧げ、御冥福をお祈りいたしました。

名誉市民小里貞利氏の霧島市葬を開催します。どなたでも参列できます。

とき:平成29年1月10日(火曜日)13時30分から15時30分

ところ:霧島市民会館

名誉市民小里貞利氏にお別れ

名誉市民小里貞利氏にお別れ1

12月15日(木曜日)第3回ゆめ・ときめき芸能大会

霧島市老人クラブ連合会の主催により「ゆめときめき芸能大会」が溝辺町のみそめ館で開催されました。健康づくりや生きがいづくりのために、かねてから練習を積まれた舞踊、合唱、体操などの発表がありました。元気いっぱいの皆さまに、夢を持ち、ときめきながら健康で長生きをされるよう激励を申し上げました。

12月14日(水曜日)県地区対抗女子駅伝競走大会の開催説明

霧島市に春を告げる「鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会」が今年は30回目を迎えることとなり、主催者である南日本放送の担当役員や社員の皆さまが事業の概要の説明と、開会式をはじめとする地元市長へのあいさつ等の依頼にこられました。長年に渡り、大会運営と本市のPRにご尽力されていることにお礼を申し上げ、記念大会を共に盛り上げていくことを確認いたしました。

12月13日(火曜日)新春番組収録

南九州ケーブルテレビの新春番組「市長の年頭のあいさつ」の収録の依頼を受け、市長室で収録いたしました。今年一年を振り返り、新年に向けての抱負などについて「新たなる挑戦」をキャッチフレーズにお話をさせていただきました。元旦から4日にかけて随時放送されるとのことでした。

新春番組収録

12月12日(月曜日)霧島酒造から記念焼酎「百瑠璃」贈呈

霧島ジオパーク活動をご支援いただいている都城市の霧島酒造から創立100周年を記念してつくられた焼酎「百瑠璃」が贈呈されました。霧島酒造には会社の敷地内にジオパークを学べるミュージアムも建設していただいており、ジオパークの広報や啓発活動を担っていただいてことに霧島ジオパーク推進協議会の会長としてお礼を申し上げました。

霧島酒造から記念焼酎「百瑠璃」贈呈

12月11日(日曜日)大相撲都城場所へ横綱白鵬関を激励

本市のおじゃんせ霧島大使を務めていただいている横綱白鵬関には、例年、九州場所の後に本市に訪問していただいておりましたが、今年は都合で本市への訪問が叶わなかったことから、都城市で地方巡業が開催されましたので、市民を代表して激励に駆けつけました。今後とも益々ご活躍されるよう激励をさせていただきました。

大相撲都城場所へ横綱白鵬関を激励

12月11日(日曜日)街頭募金活動への激励

霧島市社会福祉協議会が各種団体と連携しながら、市内の大型小売店などで歳末助け合い募金活動が市内各地で開催されました。私は、市議会議長らと共にイオン隼人国分店で呼びかけをさせていただきました。

街頭募金活動への激励

12月10日(土曜日)青葉小学校創立20周年記念式典

国分郡田の霧島市立青葉小学校が創立20周年を迎え記念式典が開催されましたので出席いたしました。平成9年に国分北小学校の児童数の増加に伴い分離する形で創立されて以来、歴代の校長先生をはじめとする先生方や熱心なPTA活動、そして「青葉の笛」や「神舞」など地域の皆さまと一緒に伝統文化活動にも取組まれています。記念講演では同小の卒業生でプロ野球千葉ロッテの二木投手から子どもたちに夢をあきらめない大切さを話してくれました。

青葉小学校創立20周年記念式典

12月6日(火曜日)~9日(金曜日)霧島市議会定例会本会議一般質問

6日から4日間に渡り16人の市議会議員の皆さまから一般質問の通告をいただきましたので、誠心誠意、一つ一つのご質問に執行部一丸となって答えてまいりました。質問事項としては、鹿児島空港の運用延長や学校給食民営化の問題、市立医師会医療センターや災害時の避難所・福祉避難所のあり方、待機児童や子育て支援、子どもの貧困対策など、市民の皆さまの声を反映された重要なご質問をいただきました。

12月5日(月曜日)職員朝礼で北朝鮮人権侵害問題をアピール

市では特定失踪者田中正道さんの妹で唯一の肉親である村岡育世さんが本市に在住されていることから北朝鮮による拉致被害者等の早期救出等の市民への意識啓発に取り組んでいます。この度、北朝鮮人権侵害問題啓発週間に伴いパネル展や署名・募金活動を行うにあたり、職員朝礼にて村岡さんから一日でも速い問題解決について協力をいただきたいと切実なる訴えをいただき、市としてもさらにご協力させていただくことをお約束させていただきました。

職員朝礼で北朝鮮人権侵害問題をアピール

12月4日(日曜日)人権作文フォーラム・イン・溝辺

霧島人権擁護委員協議会と鹿児島地方法務局霧島支局の主催により「人権作文フォーラム・イン・溝辺」がみそめ館で開催されました。人権作文は、小・中学生が、日頃の生活の中で人権について考えたことや感じたことを作文に書くことで、豊かな人権感覚を身につける素晴らしい取り組みです。今年は、国分小、隼人中、国分南中、木原中、福山中の児童・生徒の皆さまが受賞されました。また、住宅型老人ホーム「善の心」の施設長である藤崎えり子さんによる認知症に関する講演もあり、人権の輪がますます広がるよう期待を申し上げました。

人権作文フォーラム・イン・溝辺

12月3日(土曜日)ecoイルミネーション2016点灯式

霧島商工会議所青年部が再生可能エネルギーに関心をもっていただきながら、国分地区の中心市街地の活性化を図ろうと、ペットボトルや廃材などの再生資源を活用してイルミネーション事業を市民会館前の広場で開催されました。今年は霧島市の掲げる『新たなる挑戦』というテーマから「未来へ~LOVE~」と設定され、12団体のイルミネーションが飾られました。クリスマスの12月25日まで展示されます。皆さま是非ご覧ください。

ecoイルミネーション2016点灯式

ecoイルミネーション2016点灯式2

12月2日(金曜日)元気高齢者チャレンジ推進事業表彰報告

牧園町麓地区街づくり促進会が牧園小学校近くの耕作放棄地を開墾した畑に地元の子どもたちを招き芋掘り大会を開催するなど、地域貢献の功績が認められ、10月に「平成28年度元気高齢者チャレンジ推進事業」において県の表彰を受けられ報告に来ていただきました。地域に根ざした活動に賛辞を送るとともにますますのご活躍を期待申し上げました。

元気高齢者チャレンジ推進事業表彰報告

12月1日(木曜日)隼人地区民生委員児童委員感謝状並びに委嘱状伝達式

隼人地区民生委員児童委員協議会の主催により、同地区の民生委員児童委員に対しての委嘱状並びに感謝状の伝達式が霧島市商工会館で開催されました。今年は民生委員児童委員が全国一斉に改選の年であることから、厚生労働大臣や県知事に代わり、新任者へ委嘱状を交付し、退任者へ感謝状を贈呈いたしました。地域福祉の向上にご尽力をいただきますことに心から感謝申し上げました。

隼人地区民生委員児童委員感謝状並びに委嘱状伝達式

お問い合わせ

総務部秘書広報課市政推進・秘書グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?