ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子どもの予防接種 > 日本脳炎予防接種第1期救済接種

ここから本文です。

更新日:2022年3月31日

日本脳炎予防接種第1期救済接種

平成22年8月27日、厚生労働省健康局長から「予防接種実施規則の一部を改正する省令の施行について」が通知されました。これは、平成17年の日本脳炎予防接種の積極的勧奨見合わせにより、接種できなかった対象者が、9歳~13歳未満の時期に接種した場合、第1期接種を受けたものとみなすという内容のものです。

1.対象者

1.平成19年4月1日までに生まれた方
20歳になる前まで未接種分接種できます。

2.平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれた方
小学4年生から13歳未満までで、未接種分が接種できます。

2.通知対象者

対象者に対する通知は、完了しています。

(注)ただし、保護者が希望される場合は9歳~13歳未満児であれば窓口で手続きにより予診票発行・接種が可能です。

3.手続き方法(通知対象者以外の方及び再発行)

接種希望者は、健康増進課もしくは各保健センター窓口で母子健康手帳を持参のうえ申請書を記入し提出します。

その場で予診票を発行します。

必ず事前に予約を入れて各日本脳炎委託医療機関で接種してください。

4.留意事項

対象者の1に該当する人は、1期接種(3回分)を終了できなかった場合、霧島市に住所がある方は、窓口で手続きをすることで、最長20歳未満まで接種期間を延長することが可能です。ただし、接種日当日に霧島市に住所があることが必要です。(母子健康手帳が必ず必要です。)

また、高校3年生の時に1期3回分の履歴がある方に、第2期行政措置接種の通知が届くため、早めに第1期接種を終わらせることをお勧めしています。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課保健予防グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?