ホーム > 子育て・健康・福祉 > 食育 > 食育とは > 毎月19日は食育の日

ここから本文です。

更新日:2018年7月10日

毎月19日は食育の日

朝の光を浴び気持ちよく目覚め、夜になったら自然と眠くなるといった生活リズムを作ることで脳が育ちます。さらに、朝ごはんを食べることで脳にエネルギーが届き、集中力や記憶力がアップして仕事や勉強の効率が上がります。
食べることで体温が上がり免疫力も高まります。一日に必要なエネルギーを朝、昼、夜とバランス良く摂ることで生活リズムが整い、肥満や低栄養の予防につながります。
胃腸が刺激されることで便通がよくなり、毎日快適に過ごすことができます。
毎朝しっかり食べる習慣を付け、「早寝・早起き・朝ごはん」を心掛けましょう。

毎年6月は「食育月間」
毎月19日は「食育の日」

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課健康増進グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?