ホーム > 自然 > 新燃岳への登山道は引き続き通行禁止

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

新燃岳への登山道は引き続き通行禁止

平成29年5月26日に新燃岳の噴火警報・予報が、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)に引き下げられましたが、登山道については、登山者の安全確保の観点から、必要な対策が整うまでの間、引き続き通行禁止が継続されます。

1.噴火予報の発表

平成29年5月26日(金曜日)14時

2.通行禁止区間

  • 高千穂河原~中岳~新燃岳間(ただし、高千穂河原~中岳中腹探勝路間は解放)
  • 湯之野登山口~新燃岳間
  • 新湯登山口~新燃岳間
  • 韓国岳~獅子戸岳~新燃岳間
  • 獅子戸岳~大幡山間

新燃

3.通行禁止継続の理由

登山道の消失や標識の埋没などにより、道迷いや滑落の危険があるため。

4.通行禁止解除の見通し

現時点では、解除の見通しは立っていませんが、通行禁止の解除に向け、必要な検討や措置を実施し、有識者等の意見を踏まえた上で、解除が可能と判断された時点で、改めてお知らせします。

5.その他

今回の噴火警戒レベルの引き下げに合わせて、霧島市において災害対策基本法63条に基づき、新燃岳火口付近に警戒区域(立入規制)を設定します。

 関連リンク

 

お問い合わせ

商工観光部観光課観光振興グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-45-5111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?