ホーム > 子育て・健康・福祉 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護保険 > 事業者関係 > 令和元年10月介護報酬改定等について

ここから本文です。

更新日:2019年9月13日

令和元年10月介護報酬改定等について

消費税率10%への引き上げに伴い、令和元年10月1日より介護報酬改定が行われます。

介護報酬改定について

区分支給限度基準額の改定について

介護報酬の改定に合わせて、居宅介護サービス等において要介護区分に応じて決められている一月の利用限度である「区分支給限度基準額」も引き上げられます。

区分支給限度基準額
区分 現行(9月30日まで) 改定後(10月1日より)
要支援1 5,003単位 5,032単位
要支援2 10,473単位 10,531単位
要介護1 16,692単位 16,765単位
要介護2 19,616単位 19,705単位
要介護3 26,931単位 27,048単位
要介護4 30,806単位 30,938単位
要介護5 36,065単位 36,217単位

 

介護保険被保険者証の取扱いについて

介護保険被保険者証には、要介護度に応じた区分支給限度基準額が記載されていますが、今回の改正による介護保険被保険者証の差替えは行いませんので、記載された改定前の区分支給限度基準額を改定後の区分支給限度基準額に読み替えてご利用ください。

なお、令和元年10月以降交付する介護保険被保険者証については、新たな区分支給限度基準額を記載します。

福祉用具、住宅改修について

福祉用具購入費、住宅改修費については、支給限度基準額の変更はありません。

お問い合わせ

保健福祉部長寿・障害福祉課介護保険グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0995

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?