ホーム > 消防・救急・防災 > 消防 > お知らせ・講習会内容 > お知らせ > 熱中症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

熱中症に注意しましょう

熱中症が起こりやすい季節です!!

市内では、毎年5月から9月にかけて、熱中症が多発しています。

霧島市内では、熱中症による搬送人員が右肩あがりに増加しており、平成27年47人、平成28年79人、平成29年では81人(5月~10月)の方が救急搬送されています。

特に高齢者の方が多く熱中症により救急搬送されています。

熱中症は屋外だけではなく、屋内においても発生しています。

熱中症は、予防することができ、万一発症しても重症化を防ぐこともできますので、熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

熱中症とは

室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害を起こす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症

熱中症の応急手当

  1. 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせましょう。
  2. エアコンをつけたり、扇風機やうちわなどで風をあて、体を冷やしましょう。
  3. 首の周り、脇の下、太もものつけねなど、太い血管の部分を冷やしましょう。
  4. 飲めるようであれば、水分をこまめに取らせましょう。

熱中症の予防法

  • 部屋の温度をこまめにチェック!
    部屋に温度計を置くことをオススメします。
  • こまめに水分補給!
    塩分の入ったスポーツドリンクを飲むのをオススメします。
  • 涼しい服装で!
    外出は帽子をかぶるなど、日よけ対策をオススメします。
  • 運動は涼しい時間帯に!
    無理をせず、適度な休憩をとることをオススメします。

 

 

熱中症予防啓発ビデオ(外部リンク)

(外部サイトへリンク)

(外部サイトへリンク)

総務省消防庁熱中症情報

お問い合わせ

消防局警防課救急救助係

〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-41-5

電話番号:0995-64-0432

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?