ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ > 新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

ここから本文です。

更新日:2022年3月2日

新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

令和4年2月18日に厚生労働省から、ファイザー社および武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の延長について通知があり、以下のとおり延長されています。

そのため、ワクチン予防接種済証(臨時接種)等に貼り付けるワクチンシールは、延長前の期限が印字されている場合がありますが、印字の期限から延長されていますのでご安心ください。

延長された経緯について

ワクチンの有効期間は、一定期間ワクチンを保存した場合に品質が保たれるかについて、当該ワクチンを製造・販売する企業において集められたデータに基づき、薬事上の手続きを経て、設定されます。このため、一度有効期間を設定した後であっても、当該企業において、引き続き、より長くワクチンを保存した場合に品質が保たれることについてデータが集められれば、そのデータに基づき、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されることがあります。

具体的には、ファイザー社のワクチン(12歳以上用)については、令和3年9月10日に有効期間が6か月から9か月に延長されました。また、武田/モデルナ社のワクチンについては、令和3年7月16日に有効期間が6か月から7か月に延長され、令和3年11月12日にこれが更に7か月から9か月へと延長されました。
なお、ファイザー社のワクチン(5から11歳用)については、令和4年1月21日に有効期間が9か月として薬事上の承認がされていますが、有効期間を6か月とすることが検討されていたときに、有効期間が6か月であるという前提で「最終有効年月日」が印字されているバイアルが準備され、日本にも輸入されています。

このような背景により、それぞれのワクチンについて、次のとおり取り扱うこととなっています。

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)について

ファイザー社ワクチン(5から11歳用)について

武田/モデルナ社ワクチンについて

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部新型コロナウイルスワクチン接種対策課接種対策グループ

鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号

電話番号:0995-64-0810

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?