ホーム > くらし > 税金 > 国民健康保険税・介護保険料 > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯の国民健康保険税・介護保険料の減免について

ここから本文です。

更新日:2020年5月21日

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯の国民健康保険税・介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯は、国の緊急経済対策に基づき、国民健康保険税・介護保険料の減免が受けられます。

国民健康保険税について

対象となる世帯

  1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入及び給与収入(以下「事業収入等」という)の減少が見込まれ、次の要件の全てに該当する世帯
  • 世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
  • 世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること。
  • 減少することが見込まれる主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

対象となる国民健康保険税

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期にかかる国民健康保険税

介護保険料について

対象となる被保険者

  1. 新型コロナウイルス感染症により、その世帯の主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った第1号被保険者
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入及び給与収入(以下「事業収入等」という)の減少が見込まれ、次の要件の全てに該当する第1号被保険者
  • 世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
  • 減少することが見込まれる主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

対象となる介護保険料

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期にかかる介護保険料

手続き方法

現在、令和2年度国民健康保険税の納税通知書の発送(6月10日予定)にあわせて、手続きを開始できるよう準備中です。

整い次第、本ホームページ等において、ご案内いたします。 

お問い合わせ

総務部税務課市民税グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?