ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 住民票がある場所(住所地)以外での接種

ここから本文です。

更新日:2021年4月14日

住民票がある場所(住所地)以外での接種

新型コロナウイルスワクチンの接種は、原則、住民票所在地(住所地)で接種を受けることとなっています。

やむを得ない理由がある場合の方で、住所地外接種を希望する方は、原則接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行う必要があります。

住所地以外での接種

住所地において接種を受けることができないと考えられる者(やむを得ない事情があり、住所地外において接種を受ける者)

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 勾留又は留置されている者、受刑者

申請方法

郵送申請

霧島市で住所地外接種を希望する方は、「住所地外接種届」を記載し、接種券の写し(コピー等)及び返信用封筒を同封して霧島市に郵送する。

霧島市は、内容を確認後、「住所地外接種届出済証」を同封した返信用封筒にて郵送します。

窓口申請

霧島市で住所地外接種を希望する方は、霧島市の窓口に「住所地外接種届」及び「接種券(又は接種券の写し)」を提出する。

霧島市は、内容を確認後、「住所地外接種届出済証」を申請者に交付します。

申請不要の場合

原則、上記手続きでの事前の届出が必要ですが、次の場合は、事前の届出を省略することができます。

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留又は留置されている者、受刑者

住所地外接種届

住所地外接種届出済証受領後

住所地外接種を希望する方は、「接種券」・「本人確認書類」・「住所地外接種届出済証」を医療機関等に提示することにより接種を受けることができます。

※市町村によっては、手続き方法が異なることもあるため、事前に問い合わせてください。

お問い合わせ

霧島市新型コロナウイルスワクチン接種対策本部
鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号
電話0995-64-0810(直通)、ファックス:0995-55-1608

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?