ホーム > 市政情報 > 公共施設マネジメント > 霧島市公共施設マネジメントシンポジウムを開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

霧島市公共施設マネジメントシンポジウムを開催しました

~霧島市の未来を考えよう、未来に向けた公共施設のあり方とは!~

公共施設の老朽化や更新費用など、公共施設を取り巻く様々な問題がある一方で、新しい活用のしかたも生まれています。霧島市の公共施設のこれからのあり方について、市民の皆さんと一緒に考えるシンポジウムを開催し、講師陣による先進事例の紹介やパネルディスカッションを行いました。参加いただいた方々には、今後の取組の必要性について理解を深めていただきました。

当日の講演やパネルディスカッションのレポートと、講演資料を公開しますので、ぜひご覧ください。

開催日時

令和元年10月26日(土曜日)14時00分~17時00分

場所

国分シビックセンター2階多目的ホール

(霧島市国分中央三丁目45番1号)

参加者数

56名

プログラム

  • 基調講演1「機能から見た公共施設の再編成」(東洋大学客員教授:南学氏)
  • 基調講演2「ピンチandチャンス!-公民連携(PPP/PFI)による市営住宅の再編-」(鹿屋市建築住宅課:浦部ひとみ氏)
  • 基調講演3「公共施設更新問題への挑戦」(秦野市上下水道局経営総務課:志村高史氏)
  • パネルディスカッション:「-公共施設の再編から見えてくる、これからの霧島市-」(コーディネーター:南氏、パネリスト:浦部氏、志村氏、中重市長)

シンポジウム開催レポート(概要)

各講演資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部財産管理課財産活用グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0850

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?