ホーム > 子育て・健康・福祉 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 妊娠中の方への布マスク配布について

ここから本文です。

更新日:2020年6月10日

妊娠中の方への布マスク配布について

現下の情勢では、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されましたが、妊婦のみなさまは、新型コロナウイルス感染症について、とりわけ不安を感じておられることと思います。これまでの科学的知見では、新型コロナウイルスが特別に妊娠に与える影響については報告されておらず(2020年4月時点)、妊娠中でも過度な心配はいりません。妊婦のみなさまには、引き続き、日頃の健康管理を徹底していただけたらと思います。

このため、厚生労働省では、洗濯することで再利用可能な布製マスクを、各市町村の協力を得つつ、妊婦のみなさまに無料で配布することとしましたので、ご活用ください。

なお、国では別途、全国の世帯すべてを対象に一住所当たり2枚布製マスクを配布(全戸配布)することとしております。今回、お配りしている布製マスクは、全戸配布とは別に、お住まいの市町村を経由して、妊婦のみなさまにお届けするものですので、ご留意ください。

霧島市では、国から、検品されて配布することが可能な布マスクが届いたのが、5月下旬であったことから、6月上旬からお届けいたします。

このマスクの送付につきましては、母子健康手帳等交付申請時の情報を元に2ヶ月分(4枚)をお送りします。ご出産や妊娠の継続中断等の方にもお送りする可能性があります。ご容赦ください。ご不要の方は、大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、霧島市すこやか保健センターまでご連絡ください。

配布対象

妊娠中の方で母子健康手帳の交付を既に受けている方で、配布する時点で霧島市に住民票がある方

妊娠中に、霧島市外から転入された場合

住民票の異動手続きとあわせて、すこやか保健センター(隼人)、市役所健康増進課または各総合支所市民生活課に母子健康手帳をお持ちいただき、手続きをしてください。霧島市の母子健康手帳別冊(妊産婦編)を交付いたします。
手続き後、霧島市から布マスクをお送りいたします。

妊娠中に、霧島市外に転出された場合

転出先の市町村にご相談ください。

配布期間

令和2年6月から(予定)

国から、検品されて配布することが可能な布マスクが届いたのが、5月下旬であったことから、霧島市では6月上旬から配布を開始します。

配布するもの

  • 布マスク:妊婦1人に、一月当たり2枚(予定)。霧島市では2ヶ月分(4枚)を送付します。
  • お知らせ文「妊婦のみなさまへ」

配布方法

2ヶ月ごとに郵送します。

  • 既に妊娠届出をされている方については、外出や人との接触の機会をなるべく少なくするため、また、みなさまにもれなくお配りするために、郵送でお届けすることとしており、窓口にお越しいただいても、布マスクをお渡しすることはできません。窓口に人が集まることを避けるために、ご理解いただきますようお願いいたします。
  • 霧島市に住民票のある住所にお送りいたします。(里帰り先など、住民票の住所以外の住所へはお送りできませんので、ご了承ください)

布マスクの配布が不要な場合

布マスクの配布が不要な場合は、下記「お問い合わせ先」に電話でご連絡ください

既に発送手続きをしていた場合は、配布不要のご連絡をいただいた後に、布マスクがお手元に届いてしまう場合がございます。ご了承ください。

 

【お問い合わせ先】

霧島市すこやか保健センター

電話42-1178(内線5182)

お問い合わせ

保健福祉部 すこやか保健センター
電話番号:0995-42-1178

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?