ホーム > 1人10万円の特別定額給付金、18日に申請書を全戸郵送

ここから本文です。

更新日:2020年5月21日

1人10万円の特別定額給付金、18日に申請書を全戸郵送

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業を実施しています。

5月18日に市内全戸へ申請書を郵送しました。記入ミスや添付もれがあると支給が遅くなりますのでご注意ください。

よくあるご質問

Q.本人確認に必要な書類のコピーは、家族全員分が必要ですか。

A.表面の口座名に記入した世帯主の分が必要です。ご家族の分は必要ありません。

Q.添付書類の「運転免許証」「マイナンバーカード」「健康保険証」「年金手帳」などの写しは全て必要ですか。

A.いずれか1点で結構です。

Q.通帳のどこをコピーするのですか。また、キャッシュカードでも良いですか。

A.世帯主のカタカナの氏名が明記されている通帳の表紙を開いた1~2ページキャシュカードいずれか1点をコピーして添付してください。

通帳写し例

Q.申請書が届かない。

A.お待たせいたしております。6万通を超える配達のため1週間ほどかかる場合もあります。5月26日(火曜日)までに届かなかった場合はご連絡ください。

Q.給付時期はいつになりますか。

A.申請書をポストに入れてから給付までに1~2週間かかる予定です。給付日が決まり次第、振込日を掲載した給付決定の圧着ハガキを送ります。

数万通の書類審査や書類に不備があった場合の電話確認、郵便局の集配、金融機関の振込処理などに時間を要します。休日・夜間も処理を進めています。お待たせいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

給付対象

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付額

  • 給付対象者1人につき10万円

給付金の申請と給付の方法

給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請・受給権者となる「世帯主」の本人名義の金融機関口座への振込みにより行います。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口での申請書受け取り・申請はご遠慮ください。やむを得ない場合に限り、窓口での申請及び給付を行います。窓口での現金給付を行う場合は、指定日に受け取りにきていただくため、口座への振り込みよりも給付が遅くなります。

(1)郵送申請方式

5月18日(月曜日)、霧島市から市内全戸に申請書を発送しました。

申請書に、世帯主(申請・受給権者)の氏名や振込先口座を記入(同封の記入例を参考)し、裏面に以下の添付書類を貼り付け、同封の返信用封筒に入れて郵便ポストに投函してください。

(添付書類)

  • 「世帯主(申請・受給者)」の氏名、生年月日、現住所が分かる本人確認書類の写し1点(運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証、年金手帳など)
  • 「受取方法」で指定した口座の金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる書類の写し1点(通帳やキャッシュカード、インターネットバンキング画面の写し)
(よくある申請ミスの例)以下の場合、受付できません。
  • 申請者や振込口座名義人が世帯主でない。
  • 住民基本台帳と申請書で世帯員構成が違う。(別世帯として登録している祖父母や子どもなどを手書き追加している)→住民基本台帳の記録状態は、個人情報保護のため電話でお答えできません。分からない方は、住民票を取得してご確認ください。霧島市民カード(住基カードではありません)があれば市民課前の自動交付機で、マイナンバーカードがあればコンビニエンスストアでも発行可。
  • 本人確認書類が「個人番号通知カード(紙製)」「運転免許自主返納カード(ラミネート製)」である→顔写真が載っている、「マイナンバーカード」か「運転履歴証明書」なら可。
  • 口座の写しに口座番号が載っていない(クレジットカードなど)

申請ミスがあった申請者には電話かメールでお知らせします。その場合、給付が遅くなる可能性があります。

すでにオンラインやダウンロード版申請書で申請した方にも別途、市から申請書が送られる可能性があります。給付は1回限りですので、二重に申請しないようお願いします。

(提出先)※返信用封筒に印字しています。

〒899-4394鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号

霧島市役所企画政策課特別定額給付金事業担当

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカードを持つ世帯主のみ利用可能)

マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面において、振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請。(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

5月18日以降に申請しても、振込日は(1)の郵送申請とあまり変わりません。

オンラインで申請する

(3)申請書ダウンロード方式(特別措置)

生活にお困りの方が一日も早い給付金の支給を希望される場合に、申請書をダウンロードし、郵送で申請する特別措置を設けました。詳しくは以下のページをご覧ください。

一日も早く給付金が必要な方へ

受付及び給付開始日

(1)郵送申請方式

  • 受付期間…8月21日(金曜日)まで
  • 給付開始日…5月27日(水曜日)予定

(2)オンライン申請方式

  • 受付期間…5月1日(金曜日)~8月21日(金曜日)
  • 給付開始日…5月13日(水曜日)

(3)申請書ダウンロード方式

申請書のダウンロードは5月21日(木曜日)まで

  • 受付期間…5月1日(金曜日)~8月21日(金曜日)
  • 給付開始日…5月13日(水曜日)

総務省情報

総務省では、特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、「コールセンター」を設置しています。給付金の概要など、詳しくは下記のコールセンターにお問い合わせください。

<特別定額給付金コールセンター>

〇連絡先:0120-260020
○応対時間:9時00分~18時30分

特別定額給付金を装った詐欺に注意してください

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

  • 市や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

ご自宅や職場などに市や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))または市にご連絡ください。

DVで別居中の方も受け取り可能に

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に霧島市に住民票を移すことができない方でも、霧島市で特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。詳しくはこちらのページをご覧ください。

視覚、聴覚障がい者のかたへ定額給付金のご案内

外国人の方へ定額給付金のご案内(Guide to Special Cash Payments)

外国人の方に、特別定額給付金の申請方法やよくある質問、詐欺への注意情報をご案内します。

英語、中国語、韓国語、スペイン語、ベトナム語、フィリピン語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、ネパール語に対応しています。

外国人の方へ定額給付金のご案内(Guide to Special Cash Payments)

お問い合わせ

電話相談窓口
電話番号:0995-64-0810

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?