ホーム > 消防・救急・防災 > 応急手当・AEDマップ > 応急手当 > 熱中症について

ここから本文です。

更新日:2021年7月6日

熱中症について

熱中症について

熱中症は、正しい知識を身につければ防ぐことのできる病気です。

気温が高いときのみならず、湿度が高いとき、日差しが強いとき、風が弱いとき、急に暑くなった時等は、熱中症にかかるリスクが高くなります。

また、子供や高齢者は熱中症にかかりやすいので、周囲の人の見守りが大切です。

具体的に、めまいや手足がつる等の症状から、頭痛、吐き気、体がだるいなどの症状がでる場合があります。重症化すれば、意識消失、けいれん、体温が高く発汗がない等、命の危険に関わります。

少しでも意識がおかしい場合はためらわずに救急車を呼ぶことは重要ですが、応急処置等を知り、しっかりと予防することも重要になってきます。

発生時の応急処置として、下の画像を参考にしてください。

また、マスクの着用により熱中症のリスクが高まります。マスクを着用しての激しい運動は避けましょう。屋外では人と十分な距離(2メートル以上)をとれる場合は、マスクを外すようにしましょう。

熱中症画像nettyuusyou1(外部サイトへリンク)

nettyuusyou2(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防局警防課救急救助係

〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-41-5

電話番号:0995-64-0432

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?