ホーム > 危機関連保証(新型コロナウイルス感染症)

ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

危機関連保証(新型コロナウイルス感染症)

中小企業信用保険法第2条第6項に基づき、内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため我が国の中小企業にかかる著しい信用の収縮が全国的に生じていると経済産業大臣が認める場合において、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額およびセーフティネット保証による保証枠とは別枠で保証(100%保証)を行う制度です。

霧島市に認定申請ができる中小企業者

法人の場合

原則、霧島市内に法人登記記載のある法人事業者
ただし、本社登記地において事業実体がない場合は、主たる事業所の所在する市町村でも認定可能。

個人の場合

霧島市内に主たる事業所がある個人事業者
注)住所地と事業地が異なる市町村の場合は、主たる事業所の所在する市町村で認定。

対象中小企業者

次のいずれにも該当する中小企業者が措置の対象となります。

  • 霧島市において3ヶ月以上継続して事業を行っている中小企業者。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれる中小企業者。

指定期間

令和2年2月1日から令和3年1月31日まで

申請に必要な書類

  1. 中小企業信用保険法第2条第6項の規定による認定申請書2通
  2. 印鑑(法人:法務局登録印、個人:印鑑登録印)
  3. 売上がわかるいずれかの書類
  • 売上高証明書(税理士証明)
  • 最近3カ月分とその前年の同時期の試算表・売上台帳等で売上高がわかるもの

申請方法

申請に必要な書類等をご持参いただき、国分庁舎別館2階商工振興課の窓口で申請してください。

ファイルのダウンロード

留意事項

  • 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。当該認定が信用保証(融資)を確約するものではありません。
  • 霧島市の認定を受けた後、本認定の有効期間内に金融機関又は信用保証協会に対して、危機関連保証の申込みを行うことが必要です。

鹿児島県信用保証協会ホームページ(外部サイトへリンク)

鹿児島市名山町9番1号鹿児島県産業会館内
代表電話:099-223-0271

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光部商工振興課商工観光政策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0912

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?