ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護・審査請求 > 個人情報を含む文書の誤送付について(健康増進課)

ここから本文です。

更新日:2023年6月12日

個人情報を含む文書の誤送付について(健康増進課)

保健福祉部健康増進課において、個人情報を含む文書を誤送付した事案が発生しましたので、以下のとおり、当該事案の内容と再発防止策等について公表いたします。

関係者の皆さまには、多大なるご心配やご迷惑をおかけすることとなり、心からお詫び申し上げますとともに、再発防止策を講じることにより、今後このような事案が生じないよう努めてまいります。

1経緯

令和5年5月11日(木曜日)

  • 健康増進課職員が粉ミルク支給事業の申請者A氏に対し、粉ミルク支給事業決定通知書(以下「決定通知書」という。)を送付した。

同月15日(月曜日)

  • A氏の家族から、決定通知書のかがみ文の対象者氏名にB氏(前回の対象者)の氏名が記載されている旨の連絡を受けた。
  • A氏宅を訪問して本件事案について謝罪をし、経緯と改善策を説明するとともに、B氏の氏名が記載されたかがみ文を回収した。
  • B氏宅を訪問して本件事案について謝罪をし、経緯と改善策の説明を行った。

2漏えいした情報

B氏の氏名

3漏えいの原因

当該事業支給決定通知の起案時に、かがみ文を添付しておらず、担当職員のみの確認になっていた。かがみ文は、前回使用したものを書き換えて使用していたが、本件事案においては、前回の対象者氏名の書き換えがなされておらず、封入時の確認も不十分であった。

4再発防止措置

かがみ文には、対象者氏名を入れない。

支給決定通知の起案時には、かがみ文も添付し、複数の職員で確認を行う。

 

お問い合わせ

総務部総務課文書法制グループ 

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0915

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?