ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護・審査請求 > 個人番号カードの誤交付について(市民課)

ここから本文です。

更新日:2023年7月11日

個人番号カードの誤交付について(市民課)

市民課において、個人番号カードを誤交付する事案が発生しましたので、以下のとおり、当該事案の内容と再発防止策等について公表いたします。

関係者の皆さまには、多大なるご心配やご迷惑をおかけすることとなり、心からお詫び申し上げますとともに、再発防止策を講じることにより、今後このような事案が生じないよう努めてまいります。

1経緯

令和5年6月22日(木曜日)

  • A氏の個人番号カードの受け取りで、A氏の代理受取人B氏が来庁し、市民課職員が個人番号カードを交付した。
  • 個人番号カードを持ち帰ったB氏から、交付された個人番号カードの氏名及び顔写真が違う旨の連絡を受けた。
  • B氏が立ち寄っていた金融機関に職員が出向き、別人であるC氏の個人番号カードを誤交付したことを確認。本件事案について謝罪するとともに、C氏の個人番号カードを回収し、A氏の個人番号カードを交付した。
  • C氏宅を訪問するが不在だったため、同敷地内に居住するC氏の家族であるD氏に架電し、D氏がC氏の個人番号カードの代理申請を行ったことが確認できたため、本件事案について謝罪した。

6月23日(金曜日)

  • D氏が来庁したため、本件事案について再度謝罪をした上で、C氏の個人番号カードを交付した。
  • B氏に連絡し、C氏に関する情報を第三者に提供しないように依頼した。

2漏えいした情報

  • C氏の氏名、生年月日、性別、住所及び個人番号

3漏えいの原因

職員が個人番号カードを交付する際、本人確認書類と個人番号カードの確認を怠った。さらに、受付と交付を同一職員が行ったことで、他の職員による二重チェックが行われなかった。

4再発防止措置

職員一人ひとりの個人情報に対する管理意識の徹底を図るため、課内職員で意見交換を行った。

受付と交付は同一職員で行わず、必ず職員2名でのチェックを確実に行う。

交付時には、個人番号カード表面の写しを取り、システムに入力する際も再度確認するなど、交付対象者と交付する個人番号カードが同一人物であるかを確実に確認する。

受取人に対して個人番号カードを提示し、氏名・顔写真などを確認してもらうなど、相互確認を確実に行う。

 

お問い合わせ

総務部総務課文書法制グループ 

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0915

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?