ホーム > 市政情報 > 市の組織・庁舎案内 > 令和2年度霧島市職員採用試験に関するQ&A

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

令和2年度霧島市職員採用試験に関するQ&A

Q1.最終学歴が高校又は短大卒業の場合は、一般事務Aを受験できますか。

A1:一般事務Aは、大学卒業以上(大学、大学院卒など、卒業見込含む)の学歴を有する者が受験資格を有するため、高校又は短大卒業の学歴(通信制含む)を有する者は受験できません。

Q2.最終学歴が大学卒業の場合は、一般事務Bまたはふるさと創生枠を受験できますか。

A2:大学卒以上の学歴を有する者は、一般事務Aまたはふるさと創生社会人枠を受験してください。一般事務Bまたはふるさと創生枠は受験できません。

Q3.専門学校を卒業見込で一般事務を受験する場合、一般事務Aまたは一般事務Bのどちらに受験資格がありますか。

A3:大学卒業以上(大学、大学院卒など、卒業見込み含む)の学歴要件を満たさない場合は、一般事務Bの試験区分となります。

Q4.来春高校を卒業する場合は、一般事務の試験区分はどれになりますか。

A4:一般事務B又は一般事務ふるさと創生枠(受験資格:霧島市内の中学校を卒業かつ令和2年度に県内の高校卒業見込みの者)のどちらか該当する試験区分が受験可能です。

なお、両方とも受験資格を有する場合は、どちらかひとつを選択してください。

Q5.高校在学中に病気により1年留年していますが、一般事務ふるさと創生枠を受験できますか。

A5:受験可能です。

一般事務ふるさと創生枠は、霧島市内の中学校を卒業かつ令和2年度に県内の高校卒業見込みの者であれば、年齢に関係なく受験可能です。

Q6.霧島市内の中学校に入学し、3年生の2学期で他市の中学校に転校し、現在県内の高校に在学中で令和2年度卒業見込ですが、一般事務ふるさと創生枠を受験できますか。

A6:一般事務ふるさと創生枠は、霧島市内の中学校を卒業かつ令和2年度に県内の高校卒業見込みの者が受験資格となっていますので受験できません。

但し、一般事務Bの受験資格があります。

Q7.大学卒ですが、一般事務Aと土木技師との併願はできますか。

A7:各試験区分の併願受験はできませんので、どちらかひとつを選択してください。

Q8.土木技師は高卒以外も受験できますか。

A8:土木技師は、平成2年4月2日~平成15年4月1日までに生まれた者であれば、学歴に関係なくどなたでも受験できます。

Q9.高校卒業で民間企業に5年以上勤めていた場合は、一般事務ふるさと創生社会人枠は受験できますか。

A9:受験資格を満たせば受験できます。

Q10.一般事務ふるさと創生社会人枠について、契約社員でも受験できますか。

A10:雇用関係が成立する組織、個人を広く含むほか、業務に従事していたことを証明できる自営業等も受験できます。ただし、いずれの場合も、週31時間以上の勤務を1年以上継続し、平成25年4月1日から令和2年3月31日までの間に5年以上勤務した経験が必要です。

Q11.一般事務ふるさと創生社会人枠について、Q11の回答に「業務に従事していたことを証明できる」とありますが、いつ証明する必要がありますか。

A11:3次試験合格後に勤務経験を証明する書類を提出してもらいます。提出方法等は、3次試験合格者に別途お知らせします。なお、勤務経験の確認ができない場合は、合格を取り消します。

Q12.一般事務ふるさと創生社会人枠について、病気休暇や育児休暇を取得した場合、この期間は勤務経験に含まれますか。

A12:病気休暇や育児休暇等で休んでいた期間は含みません。ただし、産前産後休暇は含みます。

Q13.月の途中に従事した(退職した)期間は、どのように通算されますか。

A13:勤務経験の期間は、入社日を基準に連続した1ヶ月を1月と算定し、1年以上(12ヶ月以上)の場合に5年の勤務経験に通算します。

  • 勤務経験を通算する例(複数の職歴がある場合)

職歴1.平成25年4月20日から平成26年5月19日
※勤務経験「1年1ヶ月」

職歴2.平成26年6月11日から平成27年3月31日
※勤務経験「0年」(6月11日から翌3月10日までで「9ヶ月」となり、12ヶ月未満であるため通算しない。

職歴3.平成27年4月1日から令和2年3月31日
※勤務経験「5年」

上記の場合、勤務経験は、職歴1と職歴3を通算し「6年1ヶ月」となります。

お問い合わせ

総務部総務課人事研修グループ
電話番号:0995-45-5111(内線1136)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?