ホーム > 消防・救急・防災 > 火山 > 火山防災マップ > 霧島火山防災マップ

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

霧島火山防災マップ

自然災害には、台風、大雨、地震、火山等様々な災害がありますが、今回5市2町で構成する環霧島会議において、霧島火山の噴火に伴う危険から地域住民の生命、身体及び財産を保護し、被害の軽減を図るため、噴火時における現象や危険性を分かりやすく表現した「霧島火山防災マップ」が作成されました。

霧島火山防災マップの説明

表面

気象庁が発表する噴火警報・噴火予報のレベル2及び3(新燃岳・御鉢)、入山危険時(大幡池・えびの高原周辺)においての立入り禁止区域を図示しています。また霧島山周辺に点在する噴火の歴史と主な噴火活動、気象庁による噴火警報・噴火予報の説明について記載しています。

裏面

規模が大きな噴火が起こった場合の災害予測区域について、各火山が火口となった場合を想定して、溶岩流、火砕流、熱風(火災サージ)、噴石の飛ぶ恐れのある範囲等を図示しています。(データは霧島火山防災検討委員会による火山災害予測図検討分科会の成果に基づくものを使用)また噴火で起きる現象について、写真を交えて紹介し、危険性を認識してもらい、気象庁の噴火警報・噴火予報が発表された時の対応(心得)等も記載しています。

監修:鹿児島大学 井村准教授

霧島連山の画像

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部安心安全課防災グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?