ホーム > まちづくり・産業・企業誘致 > 道路 > 通学路 > 通学路の交通安全確保による安心・安全で暮らしやすい地域づくり(社会資本総合整備計画)

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

通学路の交通安全確保による安心・安全で暮らしやすい地域づくり(社会資本総合整備計画)

1.社会資本整備総合交付金及び防災・安全交付金の制度概要

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

防災・安全交付金は、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みに特化してハード・ソフト両面から重点的な支援を実施する「防災・安全交付金」が創設されました。

2.社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金交付要綱において「社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体等は社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出し、これを公表することとされています。

通学路整備事業では、以下の計画を作成し国土交通大臣に提出しています。

整備計画の期間は、概ね3~5年です。今後の社会情勢の変化や交付される予算規模次第では、事業箇所や実施期間等を変更する可能性があります。

防災・安全交付金(通学路)

整備計画(PDF:475KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部土木課道路整備第2グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?