ホーム > くらし > 水道・下水道 > 水道 > 水道管路の耐震性強化工事について

ここから本文です。

更新日:2022年7月4日

水道管路の耐震性強化工事について

令和4年1月から県道国分霧島線の道路地下にシールド工法で耐震型の水道管を布設する工事を行っています。水道管の埋設は、開削にて工事を施工することが一般的な工法ですが、県道国分霧島線の路上を交通規制することによる渋滞の発生や他の埋設物との接触を回避するためにシールド工法を選定しています。

  • 工事区間:新町橋の東側(国分清水)から県道国分霧島線を南下し、県道日当山敷根線との交差点(国分中央)まで。
  • 工事期間:令和6年11末までの予定。

工事の詳細については、事業概要資料(PDF:145KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道部水道工務課工務第2グループ

〒899-5192 鹿児島県霧島市隼人町内山田一丁目11番11号

電話番号:0995-42-3501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?