ホーム > 市政情報 > 入札・工事・検査 > 検査 > 霧島市電子納品の取組について

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

霧島市電子納品の取組について

目的

霧島市が発注する建設工事及び、建設工事における業務委託において、省資源・省スペース化及び業務の効率化を図るために、完成図書または成果品について電子データで納品をするものです。

運用

霧島市が実施する建設工事及び建設工事における業務委託について、2019年8月1日以降に契約する設計金額2千万円以上の建設工事及び建設工事における業務委託の全てにおいて電子納品の試行運用を開始します。

建設工事は3年間で段階的に試行運用を拡大し、建設工事・業務委託ともに2022年度から本格運用を予定しています。なお、試行運用期間内については、発注者と受注者の間で電子納品ついて協議し取組むものです。

その他

  • 電子納品の作成には国の基準等に対応した任意のソフトを使用してください。
  • 電子納品を作成し提出する際は、事前に(電子納品チエックソフト)によりチエックを行ってください。なお、(電子納品チエックソフト)は鹿児島県が公開しているサイトをご利用ください。

資料

次のファイルをダウンロードして、ご覧ください。

ファイルのダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部工事契約検査課検査グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0932

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?