ホーム > くらし > 市営住宅 > 家賃債務保証法人導入

ここから本文です。

更新日:2020年6月10日

家賃債務保証法人導入

全国的にアパートやマンション等を賃貸する際に、連帯保証人を確保することが困難になってきております。霧島市においても、市営住宅へ入居する際に連帯保証人の確保が困難になるケースが想定されます。そのため、国土交通省に登録されている家賃債務保証会社と連携し、独自の保証プランを作成し、入居の際に「連帯保証人」又は「家賃債務保証法人」を選択できるようになりました。

対象

連帯保証人に関する対象者は、次のとおりです。

◉市営住宅に入居を希望する方

◉市営住宅入居者(名義人)の退去・死亡等で、名義変更をする方

◉連帯保証人の変更を希望する方(連帯保証人が死亡している場合も変更が必要です)

「連帯保証人」の要件

連帯保証人は、下記事項が要件となります。

◉原則として県内に住所を有している方

◉入居者と独立の生計を営む方

◉入居者と同等以上の収入がある方

 

 

 

お問い合わせ

建設部建築住宅課住宅グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0909

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?