ホーム > まちづくり・産業・企業誘致 > 農業・畜産 > 農作業中の安全対策 > 平成31年「春の農作業事故ゼロ運動」について

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

平成31年「春の農作業事故ゼロ運動」について

趣旨

農業の機械化が進展する一方で、本市でも農業機械による農作業事故の発生が後を絶たない状況にあります。

このため、農繁期の農作業事故の未然防止を目的として、農繁期の4~6月を「春の農作業事故ゼロ運動」の実施期間と定め、広く市民へ農作業事故の未然防止と安全対策の周知徹底を図ります。

期間

平成31年4月1日~令和元年6月30日

運動スローガン

その「いつも」は本当に大丈夫??

~周囲の声かけから始めよう!農作業安全~

啓発事項

1.トラクタに安全フレームを装着し、運転時にはシートベルト、ヘルメットを着用しよう。

2.路肩まで草刈りを行い、路面と側溝等との境界を把握できるようにしよう。

3.トラクタが走行するために十分な道幅を確保しよう。

4.機械の詰まりを取り除く際は、機械の動作が静止してから取り除こう。

5.こまめに水分補給を行い、熱中症に気を付けよう。

6.もしもの備えに労災保険に加入しよう。

主催

鹿児島県

共済

鹿児島県農業機械連絡協議会

鹿児島県農業機械士連絡協議会

鹿児島県農業機械商業協同組合

お問い合わせ

農林水産部農政畜産課農政第2グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?