ホーム > まちづくり・産業・企業誘致 > 農業・畜産 > 鳥獣対策 > イノシシに出会ったら?

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

イノシシに出会ったら?

イノシシは、もともと臆病な動物なので、普通の状態では人に出会っても襲い掛かってくることはほとんどありませんが、イノシシが興奮しているときには注意が必要です。イノシシに出会った場合は、次の事項に注意してください。

  • イノシシが興奮しているとき:牙を鳴らしているとき、毛を逆立てているときなど

イノシシから離れましょう。

遠くでイノシシを見つけた時は、そのままイノシシから見えないところまで離れてください。

小さなイノシシでも、近くに母イノシシがいるので近づかないでください。また、イノシシに物を投げたり、棒で追い立てたりするなどイノシシを興奮させるような行動は控えましょう。

イノシシに遭遇したら、落ち着いて行動してください。

普通の状態のイノシシに出会ったら、慌てず、落ち着いてその場から離れてください。

  • 普通の状態のイノシシ:人を気にしないでゆっくり歩いている。エサを食べているときなど

イノシシにエサ場を与えないようにしましょう。

民家の周辺に放置された野菜くずや収穫しないで地面に落下した柿などの果実はイノシシのエサになってしまいます。野菜くずや果実は埋設やこまめの回収、収穫しない果樹は伐採するか、管理しやすいよう縮伐するなど、動物のエサにならないよう注意してください。

イノシシを寄せ付けない工夫をしましょう。

最近、山林近くの住宅地にイノシシが出没することがあります。家庭菜園等は侵入されないようネットやトタン板などを使って侵入防止柵を設置し自己防衛を行いましょう。また、設置後の管理にも注意し、すき間や破れなどがないか定期的に点検しましょう。

お問い合わせ

農林水産部農政畜産課農政第1グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?