ホーム > 市政情報 > 市の紹介 > 市の概要 > 霧島市歌・愛唱歌・音頭

ここから本文です。

更新日:2017年5月18日

霧島市歌・愛唱歌・音頭

合併2周年を記念し、霧島市の輝かしい発展を願うと同時に市民の郷土愛の醸成を図るための市歌、愛唱歌、音頭(計4曲)を決定しました。

種類

題名

作詞・作曲

氏名

所在地

市歌

霧島市歌

作詞者

伴 久志

霧島市

作曲者

髙月 啓充

岡山県

愛唱歌

風はここから

作詞者

今里 修

鹿児島市

作曲者

村松 聡

埼玉県

好きですふるさと霧島市

作詞者

矢坂 秀司

神奈川県

作曲者

矢野 ちあき

福岡県

音頭

おじゃんせ霧島

作詞者

石井 昭吉

愛知県

作曲者

櫛下 卓志

鹿児島市

種類

市歌

愛唱歌

題名

霧島市歌

風はここから

 

作詞 伴 久志 作曲 髙月 啓充

1
連なる山並み 高千穂の
自然が息吹く 天降川
恵み豊かな 緑の大地
歴史は深く 心が通う
ああ霧島 わがまち霧島市

2
煙たなびく 桜島
無限に広がる 大空へ
希望を運ぶ 爽やかな風
世界に羽ばたく 先駆の誉れ
ああ霧島 わがまち霧島市

3
きらめく波の 錦江湾
虹の懸け橋 若人よ
未来に繋ぐ 七色の夢
色濃く漂う 文化の薫り
ああ霧島 わがまち霧島市

作詞 今里修 作曲 村松 聡

1
神話の里の 空明けて
ひかりの朝の さわやかさ
雄大(おおき)な山河 地の利得て
住むよろこびを 分かちあい
とけあう心 ふるさとの
風はここから 霧島から

2
悠久のとき 育みて
七色のまち 咲き香る
みんなの知恵を 持ち寄って
調和のとれた 共生の
新たな歩み 手をとって
風はここから 霧島から

3
輝く未来(あした) 創るため
絆と笑顔 絶やさない
結ぶ手と手の 温もりが
額の玉の 汗となり
ひたすら目指す まちづくり
風はここから 霧島から

種類

愛唱歌

音頭

題名

好きですふるさと霧島市

おじゃんせ霧島

 

作詞 矢坂 秀司 作曲 矢野 ちあき

1
「おはよう」の声飛びかう
まぶしい朝日を いっぱい浴びて
小鳥も犬も
お花も挨拶 しているよ
背伸びをしないで 生きられる
自分に素直に 生きられる
好きです ふるさと 霧島市

2
「しあわせに」いつも市民を
見守りつづける 霧島山よ
幾千年も
生命(いのち)を育てて きた大地
緑の息吹につつまれて
心の中まで 澄み切って
好きです ふるさと 霧島市

3
「おやすみ」の声きこえるよ
家族のみんなに 微笑み添えて
ひとりの人も
愛する誰かに つぶやこう
夜空に群れ飛ぶ 夢がある
希望にときめく 明日がある
好きです ふるさと 霧島市

作詞 石井 昭吉 作曲 櫛下 卓志

1
ここは南国 鹿児島の
ロマン溢れる 神話の都
恵み豊かな 湯の里に
笛や太鼓も にぎやかに
踊る音頭の 人の輪が
こころ 和ませ 幸せ 運ぶ
おじゃんせ おじゃんせ霧島へ
霧島 よかとこ お湯のまち

2
活気溢れる 躍動の
まちに漂う 文化の薫り
ミヤマキリシマ ハナタバコ
歌に神楽に この音頭
きらり華やぎ ときめいて
出会い ふれあい 思い出 作る
おじゃんせ おじゃんせ霧島へ
霧島 よかとこ 歌のまち

3
七つ並んで 咲き揃う
花が煌めき 虹の環染める
モミジ クロガネ 輝いて
明日に伸びゆく 若いまち
踊る音頭も 軽やかに
高く 世界に 羽ばたき 光る
おじゃんせ おじゃんせ霧島へ
霧島 よかとこ 虹のまち

楽譜、音声ファイル

歌詞は、次のファイルをダウンロードしてご覧いただくこともできます。

楽譜は次のファイルをダウンロードしてご覧ください。

また、音声ファイルをダウンロードして歌をお聞きください。

ファイルのダウンロード

霧島市歌・愛唱歌・音頭の歌詞

霧島市歌・愛唱歌・音頭の楽譜

霧島市歌・愛唱歌・音頭の音声ファイル

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部市民活動推進課道義高揚推進室

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?