ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況等一覧表 > 平成20年度 財政状況等一覧表

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

平成20年度 財政状況等一覧表

霧島市の財政状況について、「平成20年度財政状況等一覧表」を作成しましたので公表します。  

団体名 霧島市

(単位:百万円)
標準税収入額等A 普通交付税額B 臨時財政対策債
発行可能額C
標準財政規模
A+B+C
17,934 12,757 1,363 32,054

1 一般会計等の財政状況

(単位:百万円)
会計名 歳入 歳出 形式収支 実質収支 他会計等から
の繰入金
地方債現在高 備考
一般会計 57,839 51,896 5,943 2,626 2,048 76,381  

2 公営企業会計等の財政状況

(単位:百万円)
会計名 総収益
(歳入)
総費用
(歳出)
純損益(形式収支) 資金剰余額/不足額(実質収支) 他会計等からの繰入金 企業債(地方債)現在高 左のうち一般会計等繰入見込額 備考
水道事業会計 2,022 1,680 341 2,526 99 4,744 1,053 法適用企業
工業用水道事業会計 8 4 3 44 3 0 0 法適用企業
病院事業会計 3,551 3,330 221 1,458 121 1,956 1,213 法適用企業
下水道事業特別会計 2,136 2,056 79 79 582 9,721 7,194 法非適用企業
温泉供給特別会計 93 90 4 4 0 0 0 法非適用企業
国民健康保険特別会計 13,377 13,342 35 25 923 0 0  
介護保険特別会計 7,607 7,301 306 306 1,071 0 0  
後期高齢者医療特別会計 1,,020 1,017 3 3 332 0 0  
老人保健医療特別会計 1,751 1,501 251 251 103 0 0  
交通災害共済事業特別会計 27 27 0 0 0 0 0  
公営企業会計等計 - - - 4,696 - 16,421 9,460  

(注)

  1. 法適用企業とは、地方公営企業法を適用している公営企業である。
  2. 法適用企業に係るもの以外のものについては、「総収益」「総費用」「純損益」の欄に、それぞれ「歳入」「歳出」「形式収支」を表示している。
  3. 「資金剰余額/不足額(実質収支)」は、地方公共団体財政健全化法に基づくものであり、資金不足額がある場合には負数(△~)で表示している。
  4. 「左のうち一般会計等繰入見込額」は、企業債(地方債)現在高のうち将来負担比率に算入される部分の金額である。

3 関係する一部事務組合等の財政状況

(単位:百万円)
一部事務
組合等名
総収益
(歳入)
総費用
(歳出)
純損益(形式収支) 資金剰余額/不足額(実質収支) 他会計等からの繰入金 企業債(地方債)現在高 左のうち一般会計等負担見込額 備考
鹿児島県市町村総合事務組合 16,811 16,666 145 145 1 0 0  
姶良伊佐環境保全センター管理組合 32 30 2 2 0 0 0  
伊佐北姶良環境管理組合 1,399 1,311 87 87 100 2,962 723  
伊佐北姶良火葬場管理組合 45 30 15 15 0 0 0  
姶良・伊佐地区介護保険組合 122 108 14 14 0 0 0  
鹿児島県後期高齢者医療広域連合(一般会計) 108 102 6 6 0 0 0  
鹿児島県後期高齢者医療広域連合(特別会計) 206,168 201,919 4,249 2,986

-

-

-

 
一部事務組合等計 - - - 3,255 - 2,962 723  

4 地方公社・第三セクター等の経営状況及び地方公共団体の財政的支援の状況

(単位:百万円)
地方公社・第三セクター等名 経常損益 純資産又は正味財産 当該団体からの出資金 当該団体からの補助金 当該団体からの貸付金 当該団体からの債務保証に係る債務残高 当該団体からの損失補償に係る債務残高 一般会計等負担見込額 備考
霧島市土地開発公社 56 1,228 10 0 1,656 0 1,997 2,258
(財)霧島市しみん学習支援公社 9 92 50 64 0 0 0 0
霧島神話の里公園(株) 3 77 118 0 0 0 0 0
地方公社・第三セクター等計 - - 178 64 1,656 0 1,997 2,258  

(注)損益計算書を作成していない民法法人は、「経常損益」の欄には当期正味財産増減額を表示している。

5 充当可能基金の状況

(単位:百万円)
充当可能基金名 平成19年度
A
平成20年度
B
差引
B-A
財政調整基金 4,375 4,408 33
減債基金 1,919 1,428 491
その他充当可能基金 6,289 6,597 308
充当可能基金計 12,583 12,433 150

(注)「充当可能基金」とは、基金のうち地方債の償還等に充当可能な現金、預金、国債、地方債等の合計額をいい、貸付金及び不動産等を含まない。

6 財政指標の状況

財政指標名 平成19年度
A
平成20年度
B
差引
B-A
早期健全化基準 財政再生
基準
実質赤字比率 9.40 8.19 1.21 11.72 20.00
連結実質赤字比率 21.53 22.84 1.31 16.72 40.00
実質公債費比率 13.8 14.0 0.2 25.0 35.0
将来負担比率 118.8 118.3 0.5 350.0 -
財政力指数 0.55 0.59 0.04 - -
経常収支比率 91.5 93.9 2.4 - -

 

資金不足比率
(公営企業会計名)
平成19年度
A
平成20年度
B
差引
B-A
水道事業会計 - - -
工業用水道事業会計 - - -
病院事業会計 - - -
下水道事業特別会計 - - -
温泉供給特別会計 - - -

(注)

  1. 「実質赤字比率」・「連結実質赤字比率」・「資金不足比率」は負数(△~)で表示されており、収支が黒字の場合には、「実質赤字比率」・「連結実質赤字比率」については便宜的に当該黒字の比率を正数で表示し、「資金不足比率」については「-(ハイフン)」で表示している。
  2. 「資金不足比率」の早期健全化基準に相当する「経営健全化基準」は、公営競技を除き、一律△20%である(公営競技は0%)。

お問い合わせ

総務部財政課財政グループ 

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0917

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?