ホーム > 消防・救急・防災 > 防災 > 申請・手続き > 落雷による罹災証明の発行業務の廃止

ここから本文です。

更新日:2018年7月17日

落雷による罹災証明の発行業務の廃止

市が発行する罹災証明にはこれまで落雷によるものも含んでいましたが、落雷の場合、他の自然災害と違い損害の状況が外観からは判断できにくいことや家電等のように故障の原因が落雷によるものなのかどうかは市では判断しかねる上に、落雷の発生日時や発生場所等を特定し、その事実を把握することが困難であるため、市が証明書を発行するための基本的な確認行為ができないということにより、平成20年4月1日から落雷による罹災証明の発行業務を廃止します。

なお、落雷以外の災害については、これまでどおり罹災証明を発行します。

今後、落雷により保険請求される場合は、現在契約されている保険会社等と相談のうえ、保険請求されますようお願いします。

お問い合わせ

総務部安心安全課防災グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?