ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ減量・リサイクル > 30・10(食品ロス削減運動)

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

30・10(食品ロス削減運動)

まだ食べられるのに捨てられている食べ物いわゆる「食品ロス」が、現在、日本では年間600万トン発生しているといわれています。その約半分が家庭から発生しています。

少しでも減らしていくように、家庭や会食(外食)において「食べ物を大切にする」、「残したらもったいない」という意識を持ちましょう。

3010

おいしく残さず食べよう!30・10(さんまるいちまる)運動

外食で「残さず食べる!30・10運動」

飲食店等で会食や宴会等をする場合は、みんなで「残さず食べきる」を目標に掲げ、次の「30・10運動」に取り組みましょう。

  1. 参加者に合わせた店舗・メニュー選定と、食べきれる量(適量)の注文に心掛けましょう!
  2. 乾杯後、食べ始めてから30分間は席を立たず料理を楽しみましょう!
  3. お開き前10分間は自分の席に戻り、残っている料理を楽しみましょう!

具体的な取り組み

幹事さんへのお願い

会社、事業所、団体等の宴会開催時には、宴会開始前と宴会終了10分前に、次のアナウンスをしていただくようご協力をお願いします。

【宴会開始前】
「ここで、ご出席の皆さまに市が提唱しております『残さず食べよう30・10(さんまる・いちまる)運動』について案内いたします。30・10運動とは、宴会時における食べ残しを減らす運動です。乾杯の後の30分とお開き前の10分間は自分の席について料理を楽しみ、『もったいない』を心がけ、食品ロス削減の取り組みにご協力ください。」


【宴会終了10分前】
「皆様にお知らせします。間もなくお開きの時間となりますので、今一度、自分の席に戻り料理をお楽しみください。」

☆ポップを立てて、宴会をスタート☆

宴会

自宅で「残さず食べる!30・10(さんまるいちまる)運動」

冷蔵庫内の野菜・肉等の傷みやすいものは、賞味期限・消費期限の近いものから使用しましょう。

具体的な取り組み

  • 毎月30日は、冷蔵庫内の食材を確認し、賞味期限・消費期限の近いものを消費しましょう。
  • 毎月10日は、野菜の茎や皮等を使ったエコクッキングに取り組みましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境衛生課廃棄物対策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?