ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ減量・リサイクル > フードバンク・フードドライブ活動にご協力ください

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

フードバンク・フードドライブ活動にご協力ください

「フードドライブ」とは

フードドライブとは、家庭で賞味期限は切れていないが忘れられて保管されたままになっている「もったいない食品」や「余っている食品」を学校、地域、職場などが窓口となって回収し、それらをまとめてフードバンク団体に提供する活動のことです。

「フードバンク」とは

フードバンクとは、まだ食べられるにも関わらず、様々な事情により捨てられてしまう食品を、家庭や食品製造業者等から寄付していただき、食べ物に困っている人や福祉施設等に無償で提供する活動のことです。

霧島市内で活動するフードバンク団体

フードバンクお助けマン霧島

霧島市隼人町内山田1-3-37(外部サイトへリンク)

電話番号:0995-42-3212

国分地域福祉事業所ほのぼの

霧島市国分上小川657-4(外部サイトへリンク)

電話番号:0995-71-0178

利用にあたっての注意事項

必要なものを必要なところへ届ける調整時間や食べられるまでの時間を確保するため、賞味期限が約1ヶ月前のものに限ります(生鮮食品は除く)。以下のものが余っていたら、事前に連絡してから持ち込みください。

寄付できる食品

缶詰・加工食品、賞味期限が近い防災備蓄品(以上、未開封のもの)

野菜・果物などの生鮮食品、米・パンなどの穀物、冷凍食品

寄付できないもの

弁当・調理パン、食べ残した食品、賞味期限切れ・賞味期限未記載食品

「消費期限」と「賞味期限」の意味を正しく理解しましょう

「消費期限」とは、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで安全に食べられる期限のこと。

「賞味期限」とは、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで品質が変わらずにおいしく食べられる期限のこと。

フードバンク利用によるメリット

フードバンクは食品の提供を受ける人だけでなく、提供する側や社会全体にとっても様々な効果が期待できます。

例えば、私たち社会全体にとっては、食品ロスをなくすことで資源のリサイクルにつながり、廃棄物処理にかかる環境負荷の低減や、食品の生産・輸送に要したエネルギーを無駄なく役立てることができます。

食品を提供する企業にとっては、廃棄物の処理費用の軽減であったり、社会貢献活動に寄与することで、企業のイメージアップにもつながります。また、フードバンクへの寄附に対して税制上の優遇措置もありますので、以下のリンクから詳細な情報をご覧ください。

フードバンクに係る税制について(農林水産省ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境衛生課廃棄物対策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?