ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみの適正処理 > 引っ越しごみの出し方

ここから本文です。

更新日:2019年4月2日

引っ越しごみの出し方

引っ越し等で一時的に多量に出た家庭ごみについては、

  1. 通常のごみ出し日にごみ収集所へ出す。
  2. 直接ごみ処理施設に持ち込む。
  3. 市の許可した一般廃棄物収集運搬許可業者へ依頼する。

などの方法があります。

持ち込む場合も、許可業者に依頼する場合も、可燃ごみ、資源ごみ(紙類、古着等、びん類、その他プラ、缶類、ペットボトル、食用油、蛍光灯、乾電池)、粗大ごみ、不燃ごみに分別してください。

なお、日頃利用されているごみ収集所へ出す場合は、それぞれの収集日に出してください。他の曜日に出されたごみは、違反シールが貼られ収集所に残されます。他の利用者に迷惑をかけることになりますので指定日での排出にご協力ください

ごみ持ち込み先一覧

市の許可業者に収集運搬を委託する場合

市から許可を受けた一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託料を支払って処理を依頼することができます。(市から許可を受けた業者以外に処理を委託した場合は、処罰の対象になります。)

排出方法(日時、場所、料金等)については、許可業者と相談の上、契約してください。

市で収集しないもの、処理施設で受け付けないもの

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機

パソコン

製造メーカーによって回収されますので、各製造メーカー窓口にお問い合わせください。製造メーカーがわからない場合や製造メーカーが倒産等した場合、自分で組み立てたパソコンを廃棄する場合は、下記にお問い合わせください。

パソコン3R推進協会:電話番号03-5282-7685

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境衛生課廃棄物対策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?