ホーム > 消防・救急・防災 > 消防 > 住宅防火関係 > 住宅用火災警報器を設置しましょう

ここから本文です。

更新日:2021年5月11日

住宅用火災警報器を設置しましょう

平成23年6月1日より全ての住宅に設置が義務化されました。

住宅用火災警報器ってなんですか?

住宅用火災警報器は、火災により発生する煙又は熱を自動的に感知し、警報するものです。
住宅火災により亡くなる方を減らすために、消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

なぜ必要なの?

住宅火災で亡くなる方は、毎年全国で1,000人を超えています。
その原因の約6割は「逃げ遅れ」です。
住宅用火災警報器は、火災を早期に感知して、あなたや家族の大切な命を守ります。

設置時期は?

  • 新築住宅
    平成18年6月1日から施行。
  • 既存住宅
    平成23年6月1日から施行。

対象となる住宅は?

一般住宅

共同住宅

(注)消防法令や特例基準により、自動火災報知設備が設置されていない建物に限る。

設置する警報器の種類

住宅用火災警報器には、煙を感知するものと、熱を感知するものがあり、煙を感知するものの設置が義務付けられています。
また、購入する場合は日本消防検定協会のNSマークがついている商品を選びましょう。

住宅用火災警報器のイラスト

日本消防検定協会のNSマーク

設置する部屋は?

住宅用火災警報器等の設置義務化の目的は、就寝中に発生した火災による死者の発生を防ぐ為ですので、寝室に取り付けます。
ただし、寝室が2階以上にある場合は、階段にも取り付ける必要があります。
また、台所は設置義務化の対象になっていませんが、霧島市では、万が一のことを考慮し、台所にも住宅用火災警報器の取り付けをお願いしています。

1階に寝室がある場合

1階に寝室がある場合

2階に寝室がある場合

2階に寝室がある場合

取り付け位置

天井に設置する場合

天井に設置する場合

壁に設置する場合

壁に設置する場合

エアコンがある場合

エアコンがある場合

はりがある場合

はりがある場合

お問い合わせ

消防局予防課予防係

〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-41-5

電話番号:0995-64-0433

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?