ホーム > まちづくり・産業・企業誘致 > 商工業 > 事業継続支援給付金(令和3年度タクシー事業者等緊急支援型第3期)

ここから本文です。

更新日:2021年9月28日

事業継続支援給付金(令和3年度タクシー事業者等緊急支援型第3期)

詳細な内容については後日お知らせします。

概要

新型コロナウイルスの感染拡大により、令和3年8月16日から令和3年9月30日までの期間で、鹿児島県が本市飲食店等を対象に営業時間の短縮等を要請したことなどに伴い、利用者が減少するなど大きな影響を受ける市内のタクシー事業者及び自動車運転代行業者を支援し、安全かつ安定した運行の維持・確保を図るため、給付金を給付します。

給付対象者

給付金の交付対象となる者は、中小企業者等のうちタクシー事業者及び自動車運転代行業者のうち、次の全てに該当するもの。

  1. 令和3年8月16日時点で、市内で事業を営んでおり、今後も引き続き市内で事業を継続する意思があること。
  2. 2019年(平成31年1月~令和元年12月)に市税(法人においては法人市民税)を納付していること。
  3. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策において、国、県及び市の施策に沿った協力をしていること。
  4. 政治団体、宗教上の組織若しくは団体等ではないこと。
  5. 性風俗関連特殊営業又は当該営業に係る接客業務受託営業を行う事業者ではないこと。
  6. 反社会的勢力ではないこと又は関与していないこと。
  7. 給付金の趣旨に照らし、給付金を交付することが適当であること。

給付額

1.タクシー事業用自動車:1台あたり13万8千円

2.運転代行業随伴用自動車:1台あたり23万円

※給付金額の上限:345万円

関連情報

国や鹿児島県、霧島市の支援情報をとりまとめて掲載しています。

お問い合わせ

商工観光部商工振興課

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-55-1603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?