ホーム > 市政情報 > 市の組織・庁舎案内 > 先輩へのインタビュー

ここから本文です。

更新日:2017年5月22日

先輩へのインタビュー

【一般事務】

平成25年度採用 徳重 広平さん(生活福祉課勤務)

(1)なぜ霧島市を志望したのですか?

私自身の生まれは鹿児島市ですが、霧島市へは子どもの頃から様々な縁や思い出があり、また全国にも知られている霧島温泉や霧島連山等の観光資源もあり、常に魅力的に映っているまちでした。
常に成長を続けているこのまちの魅力向上に、自身も関わりたいと感じ、霧島市を志望しました。

(2)今の部署ではどのような仕事をしているのですか?

生活福祉課でケースワーカーとして、生活保護に関する仕事をしています。

(3)今までで一番印象に残っていることを教えてください。

生活保護の仕事は生活に困窮している人を最前線で支援する仕事のため、大変な部分も多くありますが、その分やりがいも大きいです。
食べるものもないところから生活保護の相談があり、生活保護を受けて最終的に就労を開始して保護を脱却することになった方がおられました。「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えられたときには、真摯に向き合って良かった、と感じました。

(4)受験生に一言、お願いします。

市役所の仕事は様々あり、異動した部署ごとに深く知識が身につきます。いろいろな部署を経験すれば、社会の殆どのことは学べるのではないかと思えるほどです。
大変なことも多いですが、楽しいこと・やりがいを感じることも多いです。ぜひ一緒に、魅力的な霧島市を創っていきませんか。

平成25年度採用 市耒原 奈緒さん(福山総合支所産業建設課勤務)

(1)なぜ霧島市に志望したのですか。

私は県外の大学に進学し、4年間地元を離れて生活していました。

その4年間で改めて感じたのは、私にとって故郷がどこよりもすばらしいということでした。地元への愛着を深く実感した大学生活があったからこそ、仕事をするなら地元に貢献でき、市民が最初に相談を寄せ、多くの専門的知識を要する場所である市役所で勤めたいと思ったからです。

(2)今の部署ではどのような仕事をしているのですか。

農地の貸し借りに関する業務、これから農業を始めたい方や農業をしている方への支援業務等農政に関する仕事をしています。雨靴をはいて、カメラを持ち、農地や農家の現状を直接確認するため、地域の方ととても近い環境の中で仕事をしています。

(3)実際に入庁してみて、入庁前の仕事のイメージとの違いについて教えてください。

一般事務の職域の範囲が思った以上に広いということです。業務が多岐にわたり、豊富な知識が必要となるため、常に貪欲に情報収集をすること、経験をすることが重要だと感じています。

(4)受験生に一言お願いします。

市役所にはさまざまな仕事があり、それぞれの部署で多くのことを学び、体験することができます。

地域のために働きたいと強く感じることができるのであれば、きっとすばらしい市職員になれるはずです。市職員として一緒に働ける日を楽しみにしています。頑張ってください!!

【建築技師】

平成23年度採用 橋内 勇樹さん(建築住宅課勤務)

(1)なぜ霧島市を志望したのですか?

霧島市は日本で最初に国立公園に指定された霧島連山や温泉などでも全国に知られる観光地です。また、人口・面積は県内で2番目の規模を有する都市であり、まさに発展を続ける魅力ある都市です。

私は、霧島市に入庁するまで民間企業や国の機関などで建築に関する仕事を経験してきましたが、建築技術者として、これまで培ってきた知識や技術を生かし、市民の方々と力を合わせ、霧島市の多くの魅力を全国、世界にアピールし、霧島市発展のために力になりたいと思い志望しました。

(2)今の部署ではどのような仕事をしているのですか?

建築技師の仕事は市が管理する公共建築物の設計・監理・工事発注などの営繕業務と建築物に係る指導や建築確認申請などの建築行政業務に分かれます。

現在は建築住宅課に所属しており、主に市長部局が管理する公共建築物の営繕業務を担当しております。

(3)どんなときにやりがいを感じますか?

建築の仕事は設計事務所や建設会社など、多くの人と協力し、工事を進めていきますが、自分が設計に携わったものが形になり、出来た時の達成感や市民の方々に実際に使用していただき、喜びの声を伺ったときです。

(4)受験生に一言、お願いします。

発展し続ける「魅力都市霧島」で建築技師の一員として、あなたの持っている知識や技術を霧島市発展のために生かしてみませんか?

「霧島市発展のために私も力になりたい!」そんな熱い思いをお持ちの方、大歓迎です。職員一同お待ちしております。

お問い合わせ

総務部総務課人事研修グループ
電話番号:0995-45-5111(内線1131、1135)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?