ホーム > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > マイナンバーカードが健康保険証として使えます

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

マイナンバーカードが健康保険証として使えます

令和3年10月20日からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました。

医療機関で国民健康保険被保険者証(「保険証」)を提示しなくても、マイナンバーカードを医療機関に設置されたカードリーダーにかざすだけで、医療機関を受診することができます。

マイナンバーカードの保険証利用について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

マイナンバーカードの保険証利用対応医療機関・薬局について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

※マイナンバーカードの健康保険証利用が始まっても、保険証は引き続きお使いいただけます。

利用には事前登録が必要です

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、事前の登録が必要です。

登録のお申込みは、お持ちのスマートフォンやパソコン(カードリーダーが必要です)より、マイナポータルで行うことができます。

マイナポータル(外部サイトへリンク)

マイナンバー(12桁の数字)は使いません

マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。

医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはなく、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることもありません。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリットについて

健康保険証としてずっと使うことができます

就職や転職、引越しをしても、マイナンバーカードを健康保険証としてずっと使うことができます。

※各健康保険への加入、喪失の届け出は引き続き必要ですのでご注意ください。

窓口への証書の持参が不要となります

オンラインによる医療保険資格の確認により、高額療養費の限度額適用認定証などの持参が不要になります。

※各自治体独自の医療費助成等については、受給者証等の持参が必要になりますのでご注意ください。(子ども医療費、ひとり親家庭等医療費、重度心身障害者医療費、県指定の指定難病など)

健康管理に活用できます

マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。

患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また、薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能です。

医療費控除に活用できます

マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります。

情報を取得し、医療機関の領収書がなくても手続きできるようになります。(2021年分所得税の確定申告(予定)から)

よくあるご質問

令和3年10月からはマイナンバーカードがないと受診できないのですか

保険証でも受診できます。カードリーダーが設置されている医療機関等では、マイナンバーカードを保険証として利用いただく方が、受付の手続きがスムーズになります。

医療機関等にマイナンバーカードを持っていけば、保険証は持っていかなくてもいいですか

カードリーダーが設置されている医療機関等では、保険証を持っていかなくても受診ができます。

カードリーダーについては医療機関等で順次導入を進めていきますが、導入されていない医療機関等では、保険証が必要となりますのでご注意ください。

マイナンバーカードを持っていればすぐに保険証として利用できるのですか

マイナンバーカードを保険証として利用するためには、あらかじめマイナポータルで事前登録が必要です。マイナポータルには、カードリーダーのついたパソコンやマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンからログインできます。

マイナンバーカードを忘れたらどのようにしたらいいですか

保険証を医療機関等の窓口にご提示ください。保険証も持参していない場合は、現行の保険証を忘れた場合の取り扱いと同様になります。

マイナンバーカードをまだお持ちではない方へ

マイナンバーカードをお持ちではない方は、この機会にぜひマイナンバーカード取得のご検討を。

お手続きの方法はこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

保健福祉部保険年金課国民健康保険グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0886

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?