ホーム > まちづくり・産業・企業誘致 > 道路 > 道路に関する手続き > 道路(市道)との境界立会いの手続き

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

道路(市道)との境界立会いの手続き

市道に接する土地に構造物(ブロックや擁壁など)を設置したり、土地の売却等のために境界を明確にする必要が生じた場合、市に対して「境界立会い」を求める必要があります。

このことを「境界確定」と言います。個人財産の所在を明確にするとともに、「市民の財産」である市道の管理を行うために重要な行為です。

「境界立会い」を行うことで、市道との「境界が明確」になり皆様の財産管理に役立ちます。

「境界立会い」を行う場合、「土地家屋調査士」、「測量士」等の有資格者による「測量」を行い、その結果をもとに市と利害関係者とで確認を行います。

※境界確定は、土地の筆界を確認するものであり、財産の所有権を市が保証する行為ではありません。

ファイルのダウンロード

お問い合わせ

建設部建設施設管理課道路管理グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?