ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症に関すること > 新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策としてのマスクの着用について

ここから本文です。

更新日:2022年6月14日

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策としてのマスクの着用について

国の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針において、新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策としてのマスクの着用について、以下のとおり変更になりました。

本人の意に反してマスクの着脱を無理強いすることにならないようお願いします。

屋外・屋内でのマスク着用について

  • マスク着用は従来同様、基本的な感染防止対策として重要です。一人ひとりの行動が、大切な人と私たちの日常を守ることに繋がります。
  • 屋外では、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • 屋内では、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • 高齢の方と会う時や病院に行く時は、マスクを着用しましょう。

子どものマスク着用について

人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合においては、マスクを着用する必要はありません。また、就学前のお子さんについては、マスク着用を一律には求めていません。

【マスク着用の必要がない場面】

就学児

<屋外>

  • 人との距離が確保できる場合
  • 人との距離が確保できなくても、会話をほとんど行わないような場合

<屋内>

  • 人との距離が確保でき、会話をほとんど行わないような場合

就学前児

<2歳未満>

マスクの着用は推奨しません。

<2歳以上の就学前の子ども>

他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めていません。マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用しましょう。

 

詳細はこちらをご参照ください。

「屋外・屋内のマスク着用について」(PDF:332KB)

「子どものマスク着用について」(PDF:160KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?