ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2021年1月4日

新型コロナウイルス感染症について

市民の皆様へ(令和2年12月25日)

この冬は静かな年末年始を

  1. 飲食は、家族、いつもの仲間と(飲食は家族、いつもの仲間と、短時間で開催していただきますようお願いいたします。隣の席との間隔確保や、会話時のマスク着用など、基本的な対策の徹底をお願いします。)
  2. 帰省は、慎重に検討を(帰省については、慎重にご検討ください。特に発熱等の症状がある方などは、帰省を控えていただくようお願いします。どうしても帰省される際は、三密回避を含め基本的な感染対策を徹底するとともに、大人数での会食を控えるなど、高齢者等への感染につながらないよう注意をお願いいたします。)

この冬は

冬のコロナ対策へのご協力をお願いします!

マスクの着用」、「3密の回避」、「手洗い・消毒」などの基本的な感染症対策を徹底し、会話の際にはいつでもマスクをつけて、会食の際は「静かなマスク会食」をお願いします。

いつでもマスク

 

マスク会食

感染リスクがたかまる「5つの場面」に注意しましょう

人と人との交流が多くなる年末年始に感染を拡大させないため、「飲酒を伴う懇親会等」、「大人数や長時間におよぶ飲食」、「マスクなしでの会話」、「狭い空間での共同生活」、「居場所の切り替わり」、これら5つの場面に注意しましょう。

hatunemiku

感染リスクが高まる5つの場面

受診・相談センター

季節性インフルエンザの流行期には、多数の発熱患者が発生します。11月からは、発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医にまずはご相談ください。相談する医療機関に迷う場合は、受診・相談センター(姶良保健所)へご相談ください。発熱等の症状がある患者の診療または検査を行う「診療・検査医療機関」をご紹介しています。

受診・相談センター(姶良保健所)の連絡先

電話:0995-44-7956、対応日時(開庁日時):月~金(祝日除く)、8時30分~17時15分

〇対応時間外は、公用携帯番号の案内アナウンスが流れます。

FAX:0995-44-7969

〇FAXにて相談される方は、お名前、連絡先(FAX番号)、体温、症状等を詳しく記載してください。なお、この場合の対応は開庁時間となります。

発熱患者等の土日休日や夜間の電話相談(輪番制)の連絡先

業種ごとの感染拡大予防ガイドライン

新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する情報

外国語対応ホームページについて

やさしい日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、ネパール語。

 

新型コロナウイルス感染症とは

「新型コロナウイルス」はコロナウイルスのひとつです。一般的な風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」、「中東呼吸器症候群(MERS)」もコロナウイルスに含まれます。

発熱、咳などの比較的軽い風邪症状から、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、感染から発症までの潜伏期間は1日から14日間(一般的には約5日)といわれています。

肺炎が重症化した場合は、死亡する場合もあり、特に、高齢者や基礎疾患(糖尿病、心臓病、呼吸器疾患など)を有する方では、重症化するリスクが高いと考えられています。

一般的なお問い合せについて

ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合せについては、次の窓口にご相談ください。

コロナ相談かごしま(鹿児島県)

TEL:099-833-3221、FAX:099-225-0672

一般的な問い合わせのほか、鹿児島県の支援制度等についてもこちらに連絡してください。

厚生労働省相談窓口

TEL:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方

FAX:03-3595-2756

感染について

一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出し、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

(主な感染場所)学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

(主な感染場所)電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

家庭で注意する8つのポイント

家族で新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、ご本人は外出を避けてください。ご家族、同居されている方も熱を測るなど健康観察をし、不要不急の外出を避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、学校や職場などには行かないようにしてください。

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、同居されているご家族は添付ファイルの「ご家庭でご注意いただきたいこと~8つのポイント~」を参考にしてください。

感染拡大を予防する生活様式について

長期間にわたって感染拡大を防ぐために、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策を、これまで以上に日常生活に定着させ、持続させなければなりません。

感染拡大を防ぐための行動変容として、添付ファイルの「人との接触を8割減らす10のポイント」、「新しい生活様式の実践例」を参考にしてください。

感染拡大の警戒基準について

令和2年8月25日に鹿児島県より鹿児島県における感染拡大の警戒基準が示されました。

ファイルのダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-45-5111(内線2161、2162、2181)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?