ホーム > 消防・救急・防災 > 消防 > キッズコーナー > 消防自動車の種類

ここから本文です。

更新日:2018年7月17日

消防自動車の種類

消防ポンプ自動車

通称:ポンプ車

消防活動の中心となる車であり、火事の現場についたら消火栓、防火水槽、川などから水を吸い上げ、消火に必要な水を送り、火を消します。

ポンプ車の画像

水槽付消防ポンプ自動車

通称:タンク車

消防ポンプ自動車に水槽を装備した車で、一般にタンク車と呼ばれています。水槽には、2,000リットルの水を積んでいます。

消火栓、防火水槽などに関係なく、消火活動ができます。

タンク車の画像1

タンク車の画像2

救助工作車

救助工作車は救助隊が使う車で、火事や交通事故、地震など人命救助を必要とする災害に出動する車です。

救助工作車写真1

救助工作車写真2

はしご車

消防自動車の中で一番大きな車です。長さ11メートル、重さ19トン、はしごの伸びるく高さは約35メートルです。高いビルに取り残された人を助けたり、はしごの上から放水をすることができます。建物にして10~12階くらいまで届きます。また、はしごの先端が屈折することで電線や樹木などの障害物を避けて上から建物に接近することができ、高層ビルのフェンスや手すりなどに囲まれた屋上での救助活動が可能になりました。

はしご車画像1

はしご車画像2

指揮車

災害現場で指揮を行う際の活動拠点となる車です。

指揮車の画像1

指揮車の画像2

高規格救急車

救急車に、救命措置をするための特別な装置や道具を積んでいます。

この車には、救急救命士という資格を持った隊員が乗ります。

高規格救急車の画像1

高規格救急車の画像2

搬送車

災害時に、いろいろな資器材を運ぶための車です。

搬送車の画像1

搬送車の画像2

お問い合わせ

消防局総務課総務企画係

〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-41-5

電話番号:0995-64-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?