ホーム > 消防・救急・防災 > 防災 > 防災マップ > 地震防災マップ

ここから本文です。

更新日:2018年7月17日

地震防災マップ

平成19年7月の新潟県中越沖地震、平成20年6月の岩手・宮城内陸地震、今年3月の東北地方太平洋沖地震など大地震が頻発し、我が国において、大地震はいつどこで発生してもおかしくない状況にあります。また、平成7年1月の阪神・淡路大震災における死者の大半が住宅の倒壊によるものであり、住宅の耐震化は地震防災対策上喫緊の課題とされています。
今回、霧島市では「霧島市建築物耐震改修促進計画」に基づき、市民の防災意識の向上及び住宅等の耐震化を促進するため「地震防災マップ」を作成しました。
このマップは、地震が発生したときの揺れやすさ等に関する情報を提供し、日頃からの備えに役立てていただくことを目的としています。

ファイルのダウンロード

地震防災マップ

表面

裏面

資料編
地震防災マップに掲載されている資料(全9ページ)

地区別の揺れやすさマップ

鹿児島湾東縁断層(マグニチュード6.9)による地震の揺れやすさマップ

関連項目

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築指導課建築指導グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0954

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?