ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 記者会見

ここから本文です。

更新日:2021年10月7日

記者会見

臨時記者会見(令和3年10月7日)

本日は、新型コロナウイルスワクチン接種の『一般接種最終調整事業』についてご説明いたします。

新型コロナウイルスワクチンの接種については、姶良地区医師会や市内各医療機関の協力の下、順次接種を進めており、本年3月には医療従事者等への接種を、4月からは65歳以上の方への個別接種を開始しました。

19歳から64歳の方については、6月30日に接種券を発送し、7月5日から基礎疾患を有する方や幼稚園教諭、保育士などに対する優先接種を実施し、また、予約の取れていない方や妊娠中の方なども含め、9月1日からは、これらの方々に対して、接種促進事業を実施しているところです。

12歳から18歳の方については、8月24日に接種券を送付、9月1日から予約受付を開始し、接種を進めていますが、就職活動や受験を間近に控える高校生から、早い時期のワクチン接種を希望する声が多数あったことなどから、高校3年生以上を対象にした、土曜日・日曜日の夜間帯の集団接種の予約受付を行いました。その結果、900人の予約枠中、120人を超す18歳の方からの予約があり、接種機会を創出することができたと考えています。

10月6日時点の接種率については、全体の77.10%の方が1回目接種を、65.07%の方が2回目の接種を終えており、今月中には、市全体で約8割の方が2回目接種を完了すると想定しています。

2回接種についての目処がたった一方、接種希望者全体が減少しているため、6人単位での予約確保に苦慮している医療機関の声が増えてきています。また、接種を希望しているのに、まだ予約がとれていないという声もまだお聞きすることがあります。

これらのことから、貴重なワクチンを無駄にせず、かつ、予約が取れていない方等への接種を促進するため、一般接種最終調整事業を開始します。

具体的には、10月15日以降の新規予約は、原則、霧島市新型コロナウイルスワクチン接種対策課で引き受けることとし、まだ1回目のワクチン接種予約がとれていない方、1回目の接種を終えたが2回目の予約がとれていない方、12歳の誕生日を迎え、接種を希望する小学6年生は、電話かメールで対策課に申し込みいただき、市が、接種医療機関と接種人数や日時の調整を行います。受付期間は、10月8日(金曜日)から10月29日(金曜日)までを予定しています。

引き続き、姶良地区医師会や市内各医療機関と連携し、全庁一丸となってワクチン接種を実施してまいります。

以上で、一般接種最終調整事業の説明を終わります。

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0955

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?