ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2018年8月29日

定例記者会見

平成30年第3回市議会定例会 定例記者会見(平成30年8月29日)

本日は、9月4日に招集する「平成30年第3回市議会定例会」にあたり、提案する議案等につきまして、その概要をご説明します。

はじめに、西日本において発生した平成30年7月豪雨で、多くの尊い命が犠牲になりました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

本市といたしましても、広島県江田島市へ災害支援として7月10日から20日までの11日間、上下水道部職員7名と給水車1台を派遣するとともに、関平鉱泉水20リットル入りを100箱お送りしました。

また、国分シビックセンターや各総合支所等において市民の皆さまに義援金を募り、日本赤十字社を通じて被災地へお送りいたしました。被災地の一日も早い復興を心からお祈りいたします。

新燃岳や硫黄山の火山活動により大きな影響を受けた観光につきましては、「いざ霧島キャンペーン実行委員会」において、各種メディア等を通じ、霧島山の現状や最新の観光情報などを積極的に発信するとともに、域内周遊観光を更に促進するため、スマートフォンを活用した観光施設巡りのスタンプラリーに取り組んでいるところです。

また、昨年12月に西郷どんの宿がオープンした日当山西郷どん村につきましては、来年1月のグランドオープンを目指して、レストラン、特産品販売所、足湯、観光案内所等を備えた物産館を新たに同施設内に整備中であり、観光拠点施設としての機能の充実を図りながら、地域の発展につなげられるよう努めてまいります。

今回の市議会定例会には、複数年度にわたる事業として光ブロードバンドの整備や新たな清掃センターを建設するための債務負担行為の設定を提案します。

光ブロードバンドの整備につきましては、中山間地域などの超高速ブロードバンド未整備地域における情報格差解消を図るため、これまで早期実現に向けた検討を重ねてまいりました。その結果、光ファイバ網を整備する電気通信事業者に対して、市が事業費の一部を助成する方式により年次的に整備することとしました。本年度からの第1期の事業計画としまして、横川、牧園、霧島地区の人口密集地を中心に整備を行い、来年度中のサービス提供開始を目標としています。残りの未整備地域につきましても、引き続き、年次的に整備を進め、2021年度までに事業を完了する計画としています。

敷根清掃センターにつきましては、稼動開始以来15年が経過し、老朽化に伴う焼却能力と公害防止能力を維持するための維持補修費等が増大していくことが予測されることから、施設の更新のあり方について様々な観点から検討を重ねてまいりました。その結果、2025年度の稼働開始を目指して、現在の敷根清掃センター周辺に建替える方針を決定しました。

7月には地元説明会を開催し、周辺住民の方々に、今後の施設整備の基本方針を説明したほか、用地確保に向けて土地の所有者へ相談を開始したところです。

今後は、早期に用地の測量や施設整備の基本計画策定等の業務に着手できるよう、予算措置を含め、計画的に取組を進めてまいります。

今回の市議会定例会には、条例10件、その他4件、予算2件の計16件の議案等を提案します。

補正予算の主なものは、障がい者基幹相談支援センターの設置及び運営に係る経費や周遊観光バスの実証運行に係る経費等を追加計上するほか、地方自治法の規定に基づく平成29年度決算剰余の積立てなどです。

条例につきましては、霧島市保健福祉施設民営化実施計画に基づき清水保育園を民営化することに伴うものや国の法律改正に伴うものなど条例の一部改正を提案しています。

詳細につきましては、担当の各部課長がご説明します。報道機関の皆様方には、今後とも市政運営に貴重なご意見をいただきますとともに、積極的な報道をよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報広聴グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0955

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?