ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみの適正処理 > 新型コロナウイルスなどの感染症対策としての家庭ごみの出し方

ここから本文です。

更新日:2020年4月8日

新型コロナウイルスなどの感染症対策としての家庭ごみの出し方

適正に処理して二次感染を防ぎましょう

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症に感染した方や、その疑いがある方がご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、二次感染を防ぐために以下のことを心がけましょう。

 

  1. 「ごみに直接触れない」
  2. 「ごみ袋はしっかりしばって封をする」
  3. 「ごみを捨てた後は手を洗う」

 

また、収集作業員が感染してしまうと、業務が滞り収集に影響が出てしまいます。そのようなことを防ぐためにも、皆様のご協力をお願いします。

関連リンク

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方(環境省)(PDF:544KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境衛生課廃棄物対策グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?