ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 風しんについて > 風しんの追加的対策について

ここから本文です。

更新日:2019年12月3日

風しんの追加的対策について

これまで公的な予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。そのため、令和4年3月31日までの期間に限り、風しんの抗体検査と予防接種が無料で受けられるようになりました。

風しんは、発熱や発疹などの症状が出る感染力の強い疾患です。妊婦、とくに妊娠初期の女性がかかると、胎児に感染して、先天性風しん症候群(難聴、心疾患、白内障など)を発症する可能性があります。風しんからご自身や周りの方を守るためにも、まずは抗体検査を受けましょう。

対象者には、令和元年7月に抗体検査と予防接種を無料で受けられるクーポン券を発送しました。

風しんの追加的対策

抗体検査対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

令和元年度クーポン券送付対象者

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性には来年度以降送付予定ですが、今年度希望される方にはクーポン券を発行します。詳細は、健康増進課までお問合せください。

予防接種対象者

抗体検査対象者のうち、風しんの抗体検査を受けた結果、十分な量の抗体がないことが判明した方

令和元年度実施期間

令和元年7月から令和2年3月31日(クーポン券が届き次第受診できます)

令和2年度以降のクーポン券については、改めて送付する予定です。

料金

無料

実施機関

医療機関

本事業に参加している全国の医療機関で受診できます。下記「霧島市風しん抗体検査・予防接種実施医療機関一覧」や、厚生労働省のホームページをご覧ください。※事前に予約をしてから受診してください。

特定健診

特定健診の機会に抗体検査を希望する方は、事前に医療機関にお問い合せください。

事業所健診

事業所健診の機会に抗体検査を希望する方は、各事業所の人事担当部門にお問い合せください。

医療機関に持参するもの

  • クーポン券(必ず持参してください)
  • 受診時の住所および年齢が確認できる本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 保険証

予防接種を受ける場合は、風しん抗体検査の結果も持参してください。

医療機関の方へ

受診票や予診票などの資料については、下記の様式をダウンロードしてお使いください。

受診票や請求書の様式については、厚生労働省のホームページにも掲載してあります。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課保健予防グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?