ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 記者会見

ここから本文です。

更新日:2022年6月3日

記者会見

第2回定例記者会見(令和4年6月3日)

本日は、市政運営の現状と6月7日招集の「令和4年第2回霧島市議会定例会」に提案いたします議案等につきまして、その概要を説明いたします。

はじめに、市政運営の現状について申し上げます。

まず、新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種については、3回目接種から5か月以上が経過した60歳以上の方や18歳以上60歳未満の方のうち基礎疾患を有する方、感染した場合の重症化リスクが高いと医師が認める方を対象に、5月25日から順次接種券を送付し、6月1日から接種を開始したところです。

なお、7月6日からはイオン隼人国分ショッピングセンターで、4回目接種を対象とした集団接種を実施するほか、若年層等の接種促進のため3回目未接種者を対象とした集団接種も同会場で実施します。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により事業の継続が困難となっている中小企業者等に対する経営支援として、法人に10万円、個人事業者に5万円を給付する第5期の「事業継続支援給付金」の申請受付を5月24日から開始し、資金の借入を行った中小企業者等に対して、借入金額の一部を助成する「新型コロナウイルス対策経営改善促進助成事業」の申請受付は6月中旬から開始できるよう準備を進めているところです。

次に、コロナ関連以外のものとしまして、

本年10月、本市で開催される全国和牛能力共進会について、5月15日、市内経済団体や観光団体等で構成する「全共おもてなし協議会」の総会を開催し、本市への経済効果を高めるための取組や「観光地・霧島」の魅力発信等に取り組む事業計画について決定しました。今後も引き続き、同協議会を中心に宿泊業や飲食業、観光業など、各分野が一丸となったおもてなしの準備を進めてまいります。

次に、自治体DXに向けた取組を円滑かつ強力に推進するため、本年4月に「DX推進課」を設置し、本市の情報戦略における最高責任者(CIO)である副市長の補佐役として、専門的知見を有する「CIO補佐官」を民間企業から登用しました。

DXは、単に行政サービスをデジタル化するだけに留まらず、これまでの業務や作業を一から見直し、変革することが必要であることから、全庁横断的に検討を重ねながら、本市のデジタル化の将来像を描いてまいります。

次に、防災対策として、5月19日にまきのはら運動公園周辺において、大雨災害や大地震、津波を想定した市総合防災訓練を実施したほか、同月27日には、地域防災計画の見直しなどを議題とした市防災会議を開催いたしました。これらを通して防災関係者や地域の皆様との連携を強化し、災害の未然防止と被害の最小化に向けた取組を積極的に進めてまいります。

続きまして、今定例会に提案いたします議案等について申し上げます。

今回は、条例等に係る議案16件、補正予算2件の計18件の議案を提案いたします。

条例等に係る議案につきましては、厚生労働省告示の改正により、紹介状なしで受診した患者等から定額負担を徴収する仕組みを見直す「霧島市病院事業の設置及び管理に関する条例の一部改正について」や高規格救急自動車、消防ポンプ自動車を購入する「財産の取得について」などであります。

次に、「令和4年度霧島市一般会計補正予算(第3号)」について申し上げます。

この補正予算は、新型コロナウイルス感染症に係る緊急対応策第4弾となるもので、低所得の子育て世帯に対し、特別給付金を子ども1人当たり5万円支給するための経費を計上しております。

これにより、2億9,463万5千円を追加計上し、補正後の総額を654億2,920万6千円とするものです。

次に、「令和4年度霧島市一般会計補正予算(第4号)」について申し上げます。

この補正予算は、新型コロナウイルス感染症に係る緊急対応策第5弾を講じるために必要な経費や国・県等から事業採択の通知があった各種事業に要する経費等が主なものであります。

歳出の主なものとしまして、総務費で、過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業の導入に要する経費等を、衛生費で、鹿児島県が令和4年度から開始した造血細胞移植者のワクチン再接種費用に対する助成に要する経費等を、農林水産業費で、認定新規就農者に対する経営確立資金や機械導入費用等の助成に要する経費等を、商工費で、霧島神宮駅及び大隅横川駅から周辺スポットへの二次アクセスの充実を図るために要する経費を、土木費で、特定空家の行政代執行に要する経費等を、教育費で、いじめ・不登校等の未然防止に向けた調査研究に要する経費をそれぞれ計上しています。

これらにより、1億8,092万4千円を追加計上し、補正後の総額を656億1,013万円とするほか、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正を行おうとするものです。

以上が、今定例会に提案いたします議案の概要であります。

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0955

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?