ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

定例記者会見

令和元年6月市議会定例会定例記者会見(令和元年6月4日)

 

本日は、市政運営の現状と6月7日に招集する「令和元年6月市議会定例会」にあたり、提案する議案等につきまして、その概要をご説明します。

はじめに、4月に本市職員が逮捕された不祥事につきまして、市民の皆様に多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたことを、衷心より深くお詫び申し上げます。

本市といたしましては、二度とこのようなことが起こることのないよう、職員全員で服務規律の確保と綱紀粛正の徹底を図り、市民の皆様の信頼回復に取り組んでまいります。

次に5月10日に日向灘を震源とする地震が発生し、地震の規模はマグニチュード6.3、最大で震度5弱を記録しました。

本市においても震度4を記録し、1名の方が過呼吸により緊急搬送されましたが、幸い生命に別状はありませんでした。また、国分川原地区では市道への落石があり、一時通行止めとなりましたが、人的被害等はなく、翌日には復旧しました。

新燃岳とえびの高原・硫黄山の状況につきましては、4月に噴火警戒レベルがそれぞれレベル1に引き下げられ、警戒範囲が縮小されました。通行可能な登山道も増えており、ゴールデンウィークを中心に多くの登山客が訪れ、以前の賑わいが戻りつつあります。今後も引き続き、情報連絡体制をとりながら登山客の安全に万全を期すとともに、霧島山の最新情報や観光、イベントなどの情報を積極的に発信してまいります。

次に、梅雨入りを前に、5月16日に特別警報級の大雨災害を想定した災害対策本部訓練を初めて実施しました。23日には横川運動場周辺において、41の機関・団体、約500人の参加する市総合防災訓練を実施し、さらに31日には、地域防災計画の見直しなどを議題とした市防災会議を開催しました。これらの防災訓練や地域防災計画の見直しなどを通して、防災関係者や地域の皆様との連携を強化し、災害の未然防止と被害の最小化に向けた取組を積極的に進めてまいります。

また、救急・救助体制の充実におきましても、外国人からの119番通報や外国人が関わる救急現場での活動に際し、迅速かつ的確に対応するため、民間の電話同時通訳サービスによる「多言語通訳システム」を新たに導入し、5月1日から運用を開始しました。

「燃ゆる感動かごしま国体」につきましては、開催まで、あと487日となりました。本市としましても、4月の組織改正において、従来の国体推進グループを、総務・企画グループ及び競技・式典グループに再編し、大会開催に向けた推進体制の強化・充実を図ったところです。

来月以降、全国高等学校総合体育大会のフェンシング競技や国体開催競技のリハーサル大会が順次本市で開催されます。選手や役員をはじめ多くの関係者が全国から訪れ、本市をPRする絶好の機会となることから、皆様に満足していただける大会となるよう、全力で準備に取り組んでまいります。

また、6月1日には、来年開催されます2020東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーの概要について、大会組織委員会から発表がありました。鹿児島ルートは4月の28、29日になっており、本市も実施自治体のひとつに選定され、28日に聖火リレーが実施されます。今後は関係機関と協力しながら、市民の皆さまとともに開催機運を盛り上げてまいります。

子育て環境につきましては、5月10日の参議院本会議において、本年10月から幼児教育・保育の無償化を実施するための改正こども・子育て支援法が可決、成立しました。それを受け、本市におきましても、子育てを行う家庭の経済的負担軽減を図るため、幼児教育・保育の無償化の取組を進めてまいります。

今回の市議会定例会には、補正予算案を含め、専決処分した事件の承認など、報告7件、条例14件、その他3件、予算3件の計27件の議案等を提案します。

補正予算の主なものとしまして、地区自治公民館の整備の助成に要する経費や幼児教育・保育の無償化をはじめとする子ども・子育て支援新制度、国の追加的風しん対策、保育所等及び小規模多機能型居宅介護施設の整備の助成に要する経費、農畜産物の生産・流通体制の構築、収益性の向上等を図ることを目的とした農業者等の支援に要する経費、プレミアム付商品券事業や霧島高原国民休養地のトイレ整備に要する経費、「燃ゆる感動かごしま国体」の馬術競技の会場設営等に要する経費等を、それぞれ計上しています。

条例につきましては、本市における森林整備及びその促進を図ることを目的に、国から交付される森林環境譲与税を財源とする基金を創設する「霧島市森林環境譲与税基金条例の制定」や、国の法律改正に伴う条例の一部改正などを提案しています。

詳細につきましては、担当の各部課長がご説明します。報道機関の皆様方には、今後とも市政運営に貴重なご意見をいただきますとともに、積極的な報道をよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

総務部秘書広報課広報グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0955

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?