ホーム > 子育て・健康・福祉 > 妊娠・出産 > 出産 > 新生児聴覚検査の一部公費助成について

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

新生児聴覚検査の一部公費助成について

新生児聴覚検査とは

生まれてくる赤ちゃんの1,000人のうち1~2人は、生まれつき耳のきこえに障害を持つと言われています。気づかないでいると、ことばの発達が遅れたり、コミュニケーションがとりにくいなどの支障が起きます。早く見つけて適切な支援を受けることによって、赤ちゃんの言語の発達を助けることができます。
新生児聴覚検査(結果)受診票を使って検査を受けましょう。

新生児聴覚検査の一部公費助成開始のお知らせ

平成30年4月1日より新生児聴覚検査の一部公費助成が開始となります。
平成30年4月1日以降に生まれたお子様が対象となりますので、4月1日以降にご出産予定の方は、出産予定の医療機関へ受診票を提出してください。
なお、平成30年3月31日までに生まれたお子様につきましては、助成の対象となりませんのでご了承ください。

助成対象者

平成30年4月1日以降に生まれた新生児(必要時生後6か月まで)

助成金額

お子様1人につき上限3,000円まで
※検査費用(保険適用外分)が3,000円より少ない場合は、その額を助成します。
※検査費用(保険適用外分)が3,000円を超えた分については自己負担になります。

助成対象医療機関

鹿児島県内の産科医療機関
※その他の産科医療機関については、下記までお問い合わせください。

助成の受け方

「新生児聴覚検査(結果)受診票」(2枚複写)を出産予定の医療機関へ提出してください。

払い戻し(償還払い)について

里帰り出産等のため鹿児島県外(国内)で新生児聴覚検査を受診され、助成が受けられなかった場合は、検査費用を受診時に負担していただき、後日払い戻しの申請を健康増進課で行ってください。申請は、郵送でも受付いたします。

申請に必要なもの

1.新生児聴覚検査受診費償還払い助成金申請書(PDF:92KB)

(記入例)新生児聴覚検査受診費償還払い助成金申請書(PDF:147KB)

2.新生児聴覚検査受診費償還払い助成金請求書(PDF:83KB)

(記入例)新生児聴覚検査受診費償還払い助成金請求書(PDF:122KB)

3.医療機関の領収書の写し(レシート不可)

  • (注1)別途診明細書の発行を受けた場合は、その写しも提出してください。
  • (注2)領収書には受診者氏名、保険適用外の検査費であること、検査年月日、領収金額、医療機関名が記載されていること。

4.検査結果が記載された新生児聴覚検査受診(結果)票

  • (注1)検査時に受診票を提出し、記入された受診票をもらって帰ってきてください。受診票は2枚複写になっています。申請の際は、1枚目の「提出用」をご用意ください。

5.母子健康手帳の検査の記録(霧島市母子健康手帳ではP17)の写し

6.通帳の写し
銀行名・支店名・種別・口座番号・口座名義を確認できるページのコピー

7.印鑑

申請期間

助成金の申請期間は、新生児聴覚検査の受診日以降、出産後6か月以内です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課健康増進グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?