ホーム > くらし > 交通・防犯 > 交通安全 > 霧島市高齢者運転免許証自主返納メリット制度

ここから本文です。

更新日:2018年4月11日

霧島市高齢者運転免許証自主返納メリット制度

霧島市では、多発する高齢運転者による交通事故防止と、公共交通の利用促進を図るため、霧島市内在住の65歳以上で運転免許証を自主返納された方は、県内交通事業者の路線バスや路面電車をご利用できる「IC共通乗車カード」の無償交付を受けることができます。

霧島市高齢者運転免許証自主返納支援事業について

対象となる方

霧島市内に居住する65歳以上の方で、平成22年4月1日以降に、運転免許証を自主返納された方。(平成22年4月1日以降に、霧島警察署又は横川警察署に運転免許の取消し申請を行い、両署いずれか発行の運転免許自主返納カードを所有される方)

特典内容

7,700円分の「IC共通乗車カード」を、申請した方に1回限りで無償交付します。

かごしま共通乗車カードの有効区間と対象車両

鹿児島交通、大隈交通ネットワーク、いわさきバスネットワーク、南国交通、鹿児島市交通局、JR九州バス、霧島市ふれあいバスの各運行区間の路線バス及び路面電車がご利用できます。

ただし、観光バスと県外への高速バスは対象となりません。

制度開始日

平成22年4月1日から

無償交付を受けるまでの手続き

1.平成22年4月1日以降に、住居地を管轄する警察署(霧島署又は横川署)に運転免許の取消申請を行い、運転免許証を自主返納してください。

警察署では、「運転免許証自主返納カード」を発行してくれます。

  • 運転免許証の自主返納とは、所有する運転免許種別のすべてを取り消すことをいいます。例えば、大型免許と中型免許を所有する方が大型免許だけを取り消しても、自主返納とはなりません。
  • 運転免許証を自主返納すると、車両の運転はできませんので、ご注意ください。
  • 運転免許自主返納カードにはご本人の顔写真を貼付します。警察署で写真撮影ができますが実費がかかります。

2.警察署で交付を受けた、「運転免許自主返納カード」と印鑑を持参の上、安心安全課又は横川総合支所地域振興課のいずれかにお越しください。

窓口担当者が、持参いただいた運転免許自主返納カードを確認後、かごしま共通乗車カード1枚を無償交付いたします。

その他注意事項

  • 平成22年3月31日以前に、運転免許証を自主返納された方については、この制度の対象となりませんので、ご了承ください。
  • かごしま共通乗車カードのご利用にあたっては、カードに添付されたバス事業者発行の説明書をよくお読みください。
  • カードの発行は、ご本人に対し1回限りです。紛失した場合は再発行できません。
  • カードの二重交付が判明した場合は、実費をお支払いいただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
  • カードは磁気の近くに置かないでください。データが破損されますと、再交付に実費500円が必要となります。
    (再交付については、カード記載の連絡先にお問い合わせください。)

お問い合わせ先

総務部安心安全課交通防犯グループ
電話番号:0995-45-5111(内線1161・1162)

横川総合支所地域振興課地域振興グループ
電話番号:0995-45-5111(内線6305)

お問い合わせ

総務部安心安全課交通防犯グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?