ホーム > くらし > 交通・防犯 > 交通安全 > 高齢者運転に「ちゃいっぺ心(こころ)」

ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

高齢者運転に「ちゃいっぺ心(こころ)」

高齢者の運転操作ミスによる事故が多発しています。「ちゃいっぺ心で補償運転」を合言葉に、安全運転に心掛けましょう。

「ちゃいっぺ」とは

かごしま弁で「お茶一杯」。「慌てず急がず、お茶を一杯飲むくらいの余裕を持って行動しましょう」という意味。

補償運転とは

加齢による運転能力の低下を補うために、運転手の体の調子を整え、より安全な時間帯や経路を選び、速度を落として運転すること。

  • ち=調子を確認しましょう!
  • や=夜間の運転は控えましょう!
  • い=今、出掛ける必要があるか考えましょう!
  • つ=常日頃、通り慣れた道を運転しましょう!
  • ぺ=ペースを守って運転しましょう!

お問い合わせ

総務部安心安全課交通防犯グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0997

鹿児島県警察本部交通企画課
電話番号:099-206-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?