ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子どもの予防接種 > MR(麻しん・風しん混合)予防接種

ここから本文です。

更新日:2021年6月2日

MR(麻しん・風しん混合)予防接種

定期予防接種について

下記の表をご覧になって該当年齢の方は、かかりつけ医と相談のうえ、早めに接種をお受けください。(接種費用は無料です。ただし、霧島市発行の予診票が必要になります。)

(注)予診票をお持ちでない方には予診票を発行します。母子健康手帳を持って健康増進課もしくはすこやか保健センター(隼人)にお越しください。

対象者及び接種時期

 

接種種別

MRワクチン
(麻しん・風しん混合ワクチン)

第1期

第2期

接種時期

1歳以上2歳未満

年長児の年齢に相当する年度

通知時期

  • 第1期の対象者へは、1か月児に達する頃に送付する予防接種一括通知(大封筒)に同封されています。
  • 第2期の対象者へは、対象年度初めに予診票を送付します。
  • 予診票の色は、白茶色です。

麻しんもしくは風しんに罹患したことのある対象者へ

平成20年4月の予防接種法改正により、小さい頃に麻しん、もしくは風しんにかかったことのあるお子さんもMR(麻しん風しん混合)予防接種を受けてよいことになりましたので、この機会にぜひ接種してください。ただし両方の病気にかかったお子さんは、接種する必要はありません。

上記の対象者以外のお子さんについて

上記の対象者以外で、予防接種歴がなく、麻しん、風しんにかかったことがないお子さんについては、かかりつけ医と相談のうえ、接種することをお勧めします。(任意接種のため費用がかかります。)

注意すること

麻しん患者に接触した場合

予防接種をまだ受けていない場合でも、患者と接触して3日以内に予防接種を受けることで発症予防ができるとされています。未接種のかたは早めにかかりつけ医に御相談ください。

疑われる症状が出た場合

発熱・咳・発疹などの症状が出た場合には、学校や仕事を休み、早めに医療機関を受診してください。麻しん患者と接触していた場合は、受診前にそのことをお伝えください。

麻しんの診断の出た人は

完全に治癒(解熱後3日)するまで外出等を控え、治療に専念しましょう。

人込みに外出した場合は

必ず手洗い・うがいを心がけましょう。

集団活動等の自粛について

塾、スポーツ少年団の活動等へ参加される時は、事前に体温をチェックし37.5℃以上の発熱がみられた場合は、参加の自粛をお願いします。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課保健予防グループ

〒899-4394 鹿児島県霧島市国分中央3-45-1

電話番号:0995-64-0905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?